少年(新潮文庫)

少年(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 473円 (430円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

発熱を押して運動会の徒競走に出場したある上級生の顛末「ドテラのチャンピオン」。父親の死後、転校先の生徒の迫害や母の再婚に耐え、形見の望遠鏡で天空のシリウスを探す兄と弟「星の巣」。家出同然一人旅に出た中学生の性の目覚め「おかめさん」。天才たけしが自らの行動原理を浮き彫りにする「元気の出る」小説三編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2018年04月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

少年(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年01月22日

    「星の巣」が好きで好きで。私がもし映画監督ならば絶対に映画化したい話No.1でした。おかめさんも好き。人物像が一人一人はっきりしてて、でも絶対的な悪役がいなくて、みんな愛おしい。あー好きだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月21日

    三つの話から成る短編集。
    繊細で鮮やかな作品です。
    一度、ドラマ化された作品でもあります。
    「星の巣」が私的に一番好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    少年時代の繊細な記憶がよみがえってくるようです。映画監督としての北野たけしを思えばこの短編集も納得。当時、中学に入りたてだったわたしは「星の巣」の心理描写にシンクロして涙が止まらなかったのを覚えています。心象風景の書き方がとても美しくて、感受性が豊かになりそうないい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月20日

    初めてこの人の文章を読んだ。
    繊細。
    ビートたけしって、きっと今でも
    こういう少年を胸に抱いてるんだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月05日

    「ドテラのチャンピオン」「星の巣」「おかめさん」の短編小説3編が収録されているが、どれも主人公は殿そのままで、殿の家族観・兄弟観・友情観・女性観の原点が凝縮されているような物語ばかりだった。
    少年時代の機微の描写もリアルかつ繊細だし、ところどころ笑いを誘うような描写はそのまま殿のコントだし、殿の世界...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月06日

    たけしさんの文章を初めて読んだ。
    大人になっても、活き活きとした少年の心を描写できるのはすごいなーと思った。

    個人的には、ドテラのチャンピオンが好きだった。よくありそうな、兄弟の気持ちがありありと描かれていたと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月19日

    [○11/03/01完読]まだ布団しかない単身赴任先アパートに持ち込み読んだ。この手の小説を読むのは久々だったが気分転換にと思い。少し心が和んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    購入


    全部いいです。
    こんな子供時代を過ごしたわけじゃないけど、
    私の父はこんな子供時代を過ごしたらしくて、
    その話をよく聞かされているせいで、懐かしかった。

    ALWAYS 3丁目の夕日 が好きな方にはヒットすると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    一人で生きていくための、最後の儀式。これ読んで、シリウス計画とか言ってひとりですすき畑見に行ったあの日がなつかしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月09日

    「ドテラのチャンピオン」、「星の巣」、「おかめさん」の短編3作を収めた短編集。「たけし少年」の純情や、兄への慕いの感情が投影されている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています