光の犬

光の犬

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

北の町に根づいた一族三代と、そのかたわらで人々を照らす北海道犬の姿。助産婦の祖母の幼少時である明治期から、父母と隣家に暮らす父の独身の三姉妹、子どもたちの青春、揃って老いてゆく父母とおばたちの現在まで……。百年以上に亘る一族の姿を描いて、読後、長い時間をともに生きた感覚に満たされる待望の長篇!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
電子版発売日
2018年04月06日
紙の本の発売
2017年10月
サイズ(目安)
2MB

光の犬 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    約110年!の物語。場所も時間軸も前後左右、自在にwarpします。が、惹き付けられてどの細部も素晴らしい。『沈むフランシス』表紙写真の犬、参考までに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月19日

    デビュー作「火山のふもとで」は格調高い文学作品で、ブルジョア臭がプンプンしつつもそこがまた悪くない佳作でした。デビュー作でこれかよと目を見張りましたが、そもそも編集者な上に大昔に一度文学賞受賞歴があったようです。

    本作は4作目にあたるようですが、今作もまた重厚な作品で、面白いとか楽しいとか、悲惨と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    添島始に関わる人々の人生を描いた壮大な物語だが,北海道の枝留がベースとなっている.助産婦だった祖母のよねの話から始まるが,一枝,眞二郎,恵美子,智世が生まれ,眞二郎と登代子が結婚し歩と始が誕生する.歩はよねが取り上げだ.姉の歩は牧師の息子の工藤一惟と仲良しになったが,札幌の大学に進学した.歩は癌で若...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月07日

    良質な本に出会えた時の幸福感を味わう事ができる本だった、読んで良かった。

    静かな文体で淡々としているものの、一家3世代のそれぞれの人物の視点から描かれ、時空も切り替わるのでどんどんこの本の世界に入れる。登場人物達ゆえか、それから熱を感じない文体からか、とても冷え冷えとした空気が物語から流れて来て、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月08日

    人と人の繋がりは、たとえそれが血縁関係に基づくものであったとしも、存外容易に失われてしまうもの、とそんな事をふつふつと思う。その切っ掛けは距離であるかも知れないし、交わす言葉の密度や量の低下かも知れない。断片的に切り取られた複数の登場人物の生涯を通して、関係性の危うさに真っ先に思いが向かう。そこに過...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月14日

    多様なジャンルの知識がてんこ盛りで、勉強になる、かつ、しんどい。それはそのまま、登場人物達の人生を思わせる。消失点という表現が素敵。陳腐な言い方だけれど、大河ドラマを見終えた気分だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月05日

    冒頭の一文に惹かれて購入。北海道の一家の歴史、人と犬と家族を淡々と描いている。静かな中にも起こる人生のうねり、行きつ戻りつする時間の流れにいつの間にか引き込まれて、一気に読んでしまった。感動とはまた違う、じわっとした波紋が心に広がる一冊。言葉にするのが難しい…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月15日

    2017年。もとは「新潮」2015年9月~17年5月号連載。
    23の章からなるが、連載時の回とは一致しないのだろう。後半の章は短め、たった2ページの章もある。

    北海道北見に近い架空の町枝留、明治時代に信州から東京の里子にだされ、また実家に戻ったのち産婆となった主人公添島始の祖母から、両親、叔母ら、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    なかなか上質な作品でした。北海道の架空の町 枝留(エダル)に暮らした三代に亘る家族の静かな時の流れが淡々と語られています。誰かが何かがどの犬が目立つと言うことがないような設定ですが、それでも三世代目の姉弟のうち とりわけ姉の歩の人生が印象深い作品でした。伏線になっている基督教や天文学は作者の思い入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月24日

    言葉で読ませる作品、久しぶり。
    時代も行ったり来たり、章の中での視点も行ったり来たりしながら進んでいく物語。でも、だから余計に一人一人が引き立つ。時代とか、上下とかそういうフィルターを通さずに「個」が見える。家族だって、一族だって、個の集まりだ。
    そんなそれぞれの想いや景色が織り上げられたような作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています