アメリカ超能力研究の真実――国家機密プログラムの全貌

アメリカ超能力研究の真実――国家機密プログラムの全貌

作者名 :
通常価格 3,080円 (2,800円+税)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1950年代初期から40年以上、国家安全保障という名の下でアメリカ政府主導により超能力(予知、透視などのESPや念動力などの直感的認知)研究プログロムが行われてきた。極秘プログラムの目的は、ロシアを代表とする共産側の情報収集と国家安全保障の脅威を予知することだった。研究を主導した諜報および軍の機関はCIAから国家情報局、国家安全保障局、陸海空軍、統合参謀本部まで多岐にわたる。
政府はなぜ超能力に関心を寄せたのか? 超能力はどのように活用されたのか? 機密解除された文書と50人以上の関係者、ユリ・ゲラーなどの被験者への取材をもとに全貌を明らかにした全米ベストセラー作家のノンフィクション。

【目次】
プロローグ
◆第1部 初期
第1章 スーパーナチュラル
第2章 プハーリッチ理論
第3章 懐疑論者とペテン師とアメリカ陸軍
第4章 疑似科学
第5章 ソ連の脅威
◆第2部 CIAの時代
第6章 ユリ・ゲラーの謎
第7章 月面に立った男
第8章 物理学者と超能力者
第9章 懐疑論者対CIA
第10章 遠隔視
第11章 無意識
第12章 潜水艦
◆第3部 国防総省の時代
第13章 超心理物理学
第14章 サイキック兵士
第15章 気功と銭学森の謎
第16章 殺人者と誘拐犯
第17章 意識
第18章 サイキック・トレーニング
第19章 第三の眼を持つ女
第20章 ひとつの時代の終わり
第21章 人質と麻薬
第22章 転落
◆第4部 現代
第23章 直感、予感、合成テレパシー
第24章 科学者と懐疑論者
第25章 サイキックと宇宙飛行士

ジャンル
出版社
太田出版
ページ数
548ページ
電子版発売日
2018年03月30日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

アメリカ超能力研究の真実――国家機密プログラムの全貌 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月12日

    アメリカ超能力研究の真実 アニー・ジェイコブセン 太田出版

    ナチスの敗戦に終わる世界戦争の後
    ソ連とアメリカによる
    ドイツ軍の技術と学者の激しい争奪戦が始まる
    その中には核爆弾に関するモノの他に
    瞬間移動やテレパシー通信や透視術などの
    超能力=パラノーマルに対する資料が含まれていた
    つまり五感を著...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月20日

    アメリカが超能力者を使っていた事実が情報公開されたことに驚かされる。規律を重んじるアメリカ陸軍は、超能力者の活用にあたり、先天的な能力を公式には認めず、マニュアルを作り、それで軍人を育成しようと、組織と融合させようとしたのが面白い。本書の随所に、日本ではスプーン・曲げで有名なユリ・ゲラーが出てくる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています