書下ろし新刊書籍、刊行と同時に電子化!なぜ日本人はもっと真面目に向き合わないの? 歯に衣着せぬツイートがネット上で大人気!エジプトから来た「ファラオの申し子」フィフィが、日本の抱える諸問題に斬り込む!原発、メディア、愛国心、性の乱れ、在日外国人問題…これで国際社会の中であるべき日本人像が見えてくる。

ジャンル
出版社
祥伝社
ページ数
150ページ
電子版発売日
2014年02月07日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

Posted by ブクログ 2018年11月05日

<目次>
はじめに
第1章 日本人のおかしなところ
 1 メディアに使われている日本人
 2 失われる日本人のアイデンティティ
 3 男女が抱える性の問題
第2章 フィフィを形作るもの
 1 「人と違う」ことに悩んだ学生時代
 2 私を支えてくれた三人の恩人
第3章 なぜ私は日本のために意見している...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

Posted by ブクログ 2018年07月05日

イスラム紹介の本から勢いで読んだ本。
外国人の立場から率直に見た日本のこと、基本納得することしかなかったです。「おかしいことをおかしいと言えない」、外国人の立場から言うと説得力が凄い。外国人への生活保護とか、参政権とか、何で???って思うもんなぁ。みんながおかしいと思っていても、声をあげないから変わ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

Posted by ブクログ 2015年04月14日

色々考えさせられた。耳が痛い。
自分の無知はもうほんと恥ずかしい限りで。。。
日本も娯楽に溺れさせられているよね。

たまに思い込みで突っ走る印象もあったが、
基本的には根拠を持った正論だと感じた。
私もそう思うって部分もしばしば。
会社をクビになったときの話はいろいろ説明が抜け落ちすぎてて、
感情...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年09月18日

エジプト出身のタレント、フィフィさんから見た日本社会。日本での同調圧力や偏見と闘い続け、辛い思いをしてきたであろうその半生にこかかわらず、多くの日本人以上に日本という国を愛しているのがよく伝わってくる。そして「ものいへば、唇寒し…」という日本人のメンタリティに鋭く切り込んでくる。また在日韓国人など彼...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

Posted by ブクログ 2017年04月01日

テレビのコメンテーターでこの外人ははっきりものを言うなと思っていたフィフィの本。テレビでは報道されていないがネット界隈では当たり前に言われていることが書かれているのだが、日本人の性の問題とか、女性に関する問題については独自の見解が述べられており面白かった。そういうフィフィのアイデンティティを形作った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

Posted by ブクログ 2013年11月02日

なんかおかしいな~とおもうことを
エジプトに2歳まですごして
日本の教育をうけた著者が紹介しています。

けっこう
あまりことばにしないようなことも
はっきりと言ってます。
なかなかおもしろい視点でした。

このレビューは参考になりましたか?