彼女たちはなぜネットで愛国的発言をし、、靖国で日の丸を振るのか―。「右翼といえば男」のイメージを覆し、OL、学生、主婦など、20~30代のごく普通の女性たちの間で「愛国女子」が急増中。気鋭のジャーナリストが、保守化、右傾化する若い日本人女性の実態と心理にせまった入魂のルポ!

ジャンル
出版社
祥伝社
ページ数
260ページ
電子版発売日
2014年02月07日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

女子と愛国

Posted by ブクログ 2013年11月23日

素晴らしい本。こんなにも祖国を愛する女性達がたくさんいることが分かって素直に嬉しかった。それとともに日頃自分が感じているモヤモヤとした気持ちはやはり正しいのだと改めて確信した。自分も微力ながら祖国の誇りを取り戻すことに力を貸したい。出来るだけ多くの人に読んでもらいたい。

このレビューは参考になりましたか?

女子と愛国

Posted by ブクログ 2018年02月13日

世代が近いからか、学校教育から尖閣諸島、震災と自分自身の体験と重なってかなり共感できた。
わたしも日本悪しの戦争教育にどっぷり浸かっていたところからネットで真逆の考えを知ったクチなので。
細かいことや難しいことは置いといて、自分の母国を愛するって当たり前の気持ちだ。本当に思う。

ただその分、共感で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女子と愛国

Posted by ブクログ 2016年12月30日

右派のジャーナリスト佐波優子による「愛国的な女子」のルポルタージュ
著者が取材対象と同じ立ち位置の人だけに、類書に比べて多くの取材対象にインタビューできていて、なおかつ対象者のエモーショナルな部分に触れたインタビューができている。

取材対象は、日本という国や、戦没者たちが、左翼・マスコミ・中韓に貶...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

女子と愛国

Posted by ブクログ 2016年02月13日

筆者の主張をソフトに受け取った。
わたしが小・中学生の頃の、
教師による『日の丸・君が代のイミを知って否定しろ』的な教育(ちなみに公立校)には違和感を感じていたので、
スポーツの日本代表などを素直に応援できることができるようになった今をよかったと思っている。

ただ、違う考え方の人を否定したりぶつか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?