CODE コードから見たコンピュータのからくり

CODE コードから見たコンピュータのからくり

作者名 :
通常価格 2,750円 (2,500円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

懐中電灯、黒猫、シーソー... 一見関係なさそうな数々の例を取り上げながら、複雑に見えるコンピュータを単純なものの組み合わせとしてその本質に迫る著者Petzold。馴染み深い点字やモールス信号などのコードを通してコンピュータに隠された背景や仕組みを解き明かしていく。その本当の意味に気づけば、デジタル世界を理解できるようになるだろう。技術的知識の程度にかかわらず、すべての読者を魅了する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 言語・プログラミング
出版社
日経BP
ページ数
520ページ
電子版発売日
2018年02月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
120MB

CODE コードから見たコンピュータのからくり のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    モールス・コードから始まって、電磁石を使ってリレーをつくり、それによって論理回路を作り出す。この本はコンピュータの原理を100年前から存在するこれらの技術を組み合わせて作り出し、それを洗練させ、最終的には仮想的なコンピュータ製作するものである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月22日

    2進数、補数など、今まで読んだ本の中で一番わかりやすかったです。

    基本情報処理技術者試験の対策にもよさそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月23日

    最近は分かりませんが、一昔前のWindowsのプログラマーはほぼみんなお世話になった通称"ペゾルド本"の著者チャールズ・ペゾルドが書いた、コンピュータの仕組みの解説本です。
    コンピュータの成り立ちの歴史を非常に分かりやすく説明していて、個人的には大学で”計算機”について学んだ飛び...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月21日

    コンピュータアーキテクチャの成り立ちについて詳細、かつ平易に書かれた本。電気の仕組みから始まり、ブール代数による論理演算、そしてそれを可能にするAND, OR, XOR等のスイッチ群の仕組み、果てはアセンブリ言語まで書かれてある。コンピュータが発明されるまでの歴史的背景なども説明してあるので、たくさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    この本がよいと思われるところ
    情報のコード化ということを中心に据えて計算機の「からくり」を手順を追って
    説明しているところ。つまり計算機が情報処理のための機械だと言うことを丁寧
    に説明している。

    いきなりCPUのアーキテクチャーのような話ではなく、できるだけ物理的な手応
    えをつかめるような書き方に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    モールス信号から初まって、ラッチ、フリップ・フロップ、加算機、そして 8086プロセッサまでコンピュータの仕組とその発展を判り易く解説する一冊。学生時代に「やさしいコンピュータ科学」という名著を読んだことがあったのですが、それを読み返しているような印象でした。電子工作をやっているような人達なら当然の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月18日

    フリップフロップ回路以降で少し急にレベルが変わる感じがするが
    前半説明部分含めて、非常に詳細に書かれている
    少し重い説明を経てフリップフロップ回路に入るので
    分かりやすいと思う。概念図も書いてあるので。
    コンピューターの中身、論理回路の理解等が乏しい人は
    読んでみると良いかもしれない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月29日

    計算機とは何ぞや?という本。
    コンピュータの仕組みの根本を難しい勉強をせずに知りたいときにオススメ。

    2 進数の説明から始まり、電子回路の基本の導入へと続く。
    論理演算の説明と電子回路を使ってその演算をどのように表現するか、また、算術演算をどのように電子回路で実装していくかと話が続く。
    最終的には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月21日

    本書はコンピューターそのものを解説した解説本です。
    つまり「よく分かるコンピューターの仕組み」と言ったような本なのですが、巷に溢れかえっている類書との違いは歴然としており、かなりユニークな内容です。

    世間に溢れかえっている類書には、詳しく丁寧に解説している教科書的な本やあるいは一般向けに優しく噛み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月03日

    3年前に買ったときはさ~っぱりじゃったけど、16章まではサクサク読めた。が、17章からはちょっと辛かった・・・。半年後にもう一度読んでみよっと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

CODE に関連する特集・キャンペーン