アラン・カルデックの「霊との対話」

アラン・カルデックの「霊との対話」

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あなたは死後、どんな世界に還りたい?
35人の死者が語る「天国に還るための条件」
スピリチュアリズム最大の思想家の実像を明かす「自伝」も収録!

目次
訳者まえがき
第一部 生前の生き方が、死後の行き先を決める──天国霊・地獄霊の人生ケーススタディー
第一章 天国で喜びを謳歌する霊
1 安らぎに満ちた死の瞬間──ジョルジュ
2 死後も霊実在論の普及に情熱を燃やす幸福──ジョベール氏
3 苦難の人生を終えて得た希望──サミュエル・フィリップ氏
4 永遠のただなかで生きる喜び──ヴァン・デュルスト氏
5 死後も友の健康を気遣う医者──ドゥムール氏
6 「つらいときには私を呼んでください」──ロシア人の医者
7 十五世紀に生きた農奴の霊界での仕事──ベルナルダン
8 霊実在論の発展を予告する作家の霊──ジャン・レイノー
9 二十歳で病死した水先案内人──ヴィクトール・ルビュフル
10 荒くれ労働者一家に生まれた人生の意味──アナイス・グルドン夫人
第二章 天国と地獄のあいだにいる霊
1 死の直前に起きた驚くべき現象──サン・ポール侯爵
2 無神論の信念を打ち砕いた臨死体験──医師カルドン氏
3 苦しみの世界から解き放たれたときの幸福感──エリック・スタニスラス
第三章 地獄で苦しむ霊
1 エゴイスティックな霊への懲罰──ジョルジュ
2 容赦のない光に照らし出される生前の罪──ノヴェル
3 快楽の追求に人生を費やした、ある遊び人の後悔
4 「傲慢は、猛毒を吐く百頭の蛇」──リスベット
5 祈りは死後の苦痛を和らげる──パスカル・ラヴィック
第四章 自殺後の試練を受ける霊
1 婚約者の不実に激して自殺した男性──ルイと縫い子
2 高学歴の無神論者の霊の苦しみ──J・D氏
3 破産が原因で自殺した男の霊──フェリシアン氏
4 前世で犯した罪の記憶に苛まれて自殺した男の霊──アントワーヌ・ベル
第五章 悔い改める犯罪者の霊
1 斬首刑の直後に見えたもの──ルメール
2 ある屋敷に二百年居座る地縛霊の正体──カステルノダリーの怪物
第六章 みずからの怠慢と強情に苦しむ霊
1 怠惰な人生に対する「退屈」という罰──無為に生きた霊
2 地獄の拷問で苦しんでいる男の霊──クシュメーヌ
第七章 厳しい人生の試練を経験した霊
1 「自分がしてもらいたいことを他の人にせよ」──スジメル・スリズゴル
2 障害と貧困の生涯から学んだこと──ジュリエンヌ=マリ
3 生きたまま埋葬された男性──アントニオ・B氏
4 沸騰したニスを全身に浴びて亡くなった男性──レティル氏
5 知的障害があっても霊には正常な思考力がある──シャルル・ド・サン=G
6 主人への献身のうちに生涯を閉じた女中──アデライド=マルグリット
7 四歳で肢体不自由となり、十歳で亡くなるという経験について──クララ・リヴィエ
8 「謙虚さ」は人格を測る試金石──フランソワーズ・ヴェルヌ
9 娘を亡くし、悲嘆に暮れて亡くなった父親のその後──アンナ・ビッテの父親
第二部 アラン・カルデック自伝──孤独と休みなき戦いの日々(『遺稿集』第四章「自伝的ノート」から抄訳)
1 霊実在主義との出会い
2 私の守護霊について
3 私の指導霊について
4 私の使命は「最初の礎石を置くこと」
5 将来の情勢
6 霊媒を誰に頼むべきか?
7 あらゆる試練を乗り越えて
8 『霊の書』の内容と出版のタイミング
9 使命は転生を超えて
10 手相占いは正しいのか?
11 機関誌『霊実在主義』をおもしろくするには?
12 パリ霊実在主義協会の設立
13 今世の仕事を終えるには、どのくらいの期間が必要か?
14 教皇庁について
15 「揺るぎない信仰を持て!」
16 霊実在主義の未来
17 教会の動きについて
18 バルセロナでの焚書事件
19 後継者の問題
20 仕事の取捨選択と健康の維持
21 人類の再生のとき
22 「真実を明らかにせよ!
訳者あとがき

ジャンル
出版社
幸福の科学出版
電子版発売日
2018年01月17日
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月18日

私は本書にとても感動しました。
この世のあらゆる苦難に耐え、人に与えることを喜びとし、生きてきた人たちは素晴らしい。その方たちは天国で無限の喜びを得、さらに私達が幸せになるようにいつも見守ってくれています。

しかし、私がもっと感動したのは、地獄に落ち、その後反省した人たちです。残念ながらこの世では...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月09日

『アラン・カルデックの「霊との対話」 天国と地獄』を読み始めている。

「人間の目から見て正しい人と神の目から見て正しい人は違う。

人間界では、法律をしっかり守れば正当な生き方だとされる。人の名誉や幸福を奪っておきながら、平然としていられる。しかもそうしたことは法律でも世論でも罰せられない。 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play