オッパイ入門

オッパイ入門

作者名 :
通常価格 1,223円 (1,112円+税)
紙の本 [参考] 1,485円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

◎これなくして人類はいきられない!◎

・「おっぱい」には謙虚であらねばならない――。浮世絵からマリリン・モンローまで「入門編」「実技編」「応用編」を論じたショージ的「おっぱい入門」。
・タオルのやわらかさと安らぎ感が好きすぎて、タオルを目にするたびにタオルに向かって小さく「好き!」と呟いてしまう、皮膚感覚についてのエッセイ「タオルっていいな」。
・「カラマーゾフの兄弟」に挑戦しようとするもたった15行でノックダウン……なのになぜ、宇野鴻一郎のエロ小説はスラスラッと読めるのか!?ショージくんの読書論「読書の秋、ガスコン兵の夜」など――。

爆笑必至のショージ節エッセイに加え、中野翠さんとの豪華対談「恥ずかしい、都の西北」も収録!


〈目次〉
・オッパイ入門
・欠伸のすすめ
・タオルっていいな
・サバイバルナイフを買う
・アリに学ぼう、サラリーマン
・遠ざかる青春
・「せこい」の研究
・寂しいのはお好き?
・辞書をいじめる
・読書の秋、ガスコン兵の夜
・俳句入門、目刺し篇
・寿司ってるぞ、ニッポン
・挨拶は必要か
・忖度がいっぱい
・豪華列車のビンボー感?
・恥ずかしい、都の西北
(特別対談 東海林さだお×中野翠)

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
264ページ
電子版発売日
2018年01月12日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

Posted by ブクログ 2019年05月22日

オール讀賣「男の分別学」を改題~(エッセイですから)~「おっぱい入門」は最初の話のタイトルで、他は別の題材

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「エッセイ・紀行」ランキング