意識のリボン

意識のリボン

作者名 :
通常価格 1,263円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「幸せな、愛されていたときばかりではないんだ。しかしそれは落ち込むようなことではない。人間は浮き沈みがあってこそ、深く学び、深く輝く。」(「意識のリボン」より)。母親を亡くした二十代の「私」は、「絶対に長生きするからね」と父に誓ったのに、交通事故に遭ってしまう。激痛の嵐の中、目を開けると二メートルほど下に自分の身体を見下ろしていて……。表題作ほか、姉妹、妻、母親――様々な女たちの視線から世界を切り取り、人生を肯定するあたたかさを感じさせる。綿矢りさが愛を込めて描く、全八編の短編集。少女も、妻も、母親も。女たちはみんな、このままならない世界をひたむきに生きている。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年12月22日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年06月30日

久しぶりの小説。

育ちの良さと感性の鋭さ、
若くから売れっ子作家をされているのに
劣化していないのがスゴい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年06月03日

綿矢りささんの今のところ最新の短編集。
最初の岩盤浴の話と最後の生死をさまよう女性の話がとても面白かった。もちろん他の話も、感情の切り抜き方というにがいいのだろうか、登場人物の心の動きのこの部分を描写するのか~とため息が出るような綿矢さんのテクニックを感じることが出来た。
登場人物の言動を作者自身の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月24日

普段とりとめもなく
ぐじゅぐじゅ頭の中駆け巡る考えや思いを
こんなにしっくりとくる文章にしてくれて
ありがとう!と言いたい。

どの短編も、分かる、分かるぅ~の連発。
いやぁ、かゆいところに手が届くって感じ。

表題作の「意識のリボン」の
『ひかり』という表現には
なんだかすっごく救われた。
この一...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月21日

芥川賞受賞時からずっと読んでる作家さんだが、表現の仕方とか、すごく変わったし、うまい文章書くな~と思いながら読んだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月09日

【こたつのUFO】
『永遠の若さよ、我が手に! どうしたらいいの、どうしたら手に入るの、京都民らしくお膝元のわかさ生活の作るブルブルブルブルアイアイブルーベリーアイのサプリでも飲んめばいいの。』

「人間トハ、ドウイウ生キ物デスカ」
「男と女がいますね。ちなみに私は女です」
「オンナトハ、ドウイウ生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play