意識のリボン
  • NEW

意識のリボン

作者名 :
通常価格 1,263円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「幸せな、愛されていたときばかりではないんだ。しかしそれは落ち込むようなことではない。人間は浮き沈みがあってこそ、深く学び、深く輝く。」(「意識のリボン」より)。母親を亡くした二十代の「私」は、「絶対に長生きするからね」と父に誓ったのに、交通事故に遭ってしまう。激痛の嵐の中、目を開けると二メートルほど下に自分の身体を見下ろしていて……。表題作ほか、姉妹、妻、母親――様々な女たちの視線から世界を切り取り、人生を肯定するあたたかさを感じさせる。綿矢りさが愛を込めて描く、全八編の短編集。少女も、妻も、母親も。女たちはみんな、このままならない世界をひたむきに生きている。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年12月22日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年12月31日

新刊が出ると必ず買う作家の一人、綿矢りさ。女の抱える黒さを明け透けなく書いてくれるところが好きだ。あと、綿矢作品は総じて装丁が美しい。今回の装丁は私が大好きな鈴木久美さん。
20代半ばまでは女性作家よりも男性作家を好んで読んでいたのだけど、30前後になってからは女性作家の作品を多く読むようになってき...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月28日

誰しも女だったら考えたことがあるであろうちょっと黒い気持ちをすごくうまく的確に描いてくれてるからスッキリする、そんな短編集。
好きなのは岩盤浴にて、履歴のない女、履歴のない妹、声のない誰か
あ、ほとんどが好きだわ。
エッセイっぽいような話だからとっても読みやすい。綿矢さんと友達になれたらきっと楽しい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月05日

初の綿矢作品。
エッセイのようなものや、小説など、八編。
すべて女たちの思いが描かれているが、共感できる部分が多い。
一見ダメなヤツでも、色々考えていて実は一生懸命生きている。
柔らかく優しく肯定してくれる短編集、
よかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月14日

こじらせ暴走成分は抑えめ、その分妄想が広る短編集でした。
私小説っぽいところもありますが、作者のことなのか登場人物のことなのか、はたまた自分なのか…?
読んでいるうちに、深いところに潜っていく感覚が心地よかったです。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play