僕らだって扉くらい開けられる

僕らだって扉くらい開けられる

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

さわらずに物を動かせる!……ただし10cmだけ。相手を金縛りにできる!……でも力を使うほどハゲる。目を見ると心が読める!……でも他人の目が怖くて見られない etc…。こんな役に立たない能力(ちから)、なくてもよくない?? ある日突然、不思議な力に目覚めてしまった五人。悪戦苦闘しながら能力と向き合ううちに、さえない毎日が、思いもよらない方向に転がりだし――。小説すばる新人賞作家が贈る、驚き満載、爽快感120%の傑作長編小説!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
296ページ
電子版発売日
2017年12月22日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年03月07日

ある定食屋の常連が地味な超能力を身につけ、ひとつの目的の達成のために力を合わせる話。先日読んだ超能力モノでも能力を使うと代償がある設定だったが、本作でも一日に一度しか使えないほど集中力が必要だったり、そうでない人はコントロールが上手くできなかったりで、なかなか大変らしい。キャラがよくて面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月29日

<内容紹介より>
力が欲しい。そんなことを日々考えているうちに、いつの間にか、自分の中に不思議な力が宿っていることに気がついた。本人でさえ理屈はわからないが、強く念じることで、手で触れた人間を麻痺させることができるようになったのだ。だが、この無敵の能力にも一つだけ欠点があった。能力は、術者の体に対し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月20日

本当にエスパーがいたらこんな感じかなと思ってしまう。 昔は中野学校が、養成所だったとしたらやぶさかねぇ。それだと 村上春樹さんの、”カフカ”みたいだから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月25日

右に10cmだけ任意のものを動かせるテレキネシス〈念動力〉、手から電気を発生させて相手を倒せる(ただし禿げる)パラライザー〈金縛り〉、怒りで物を燃やせるパイロキネシス〈発火能力〉、超潔癖症のサイコメトリー〈精神測定能力〉、目を見たら考えていることが分かる対人恐怖症のマインドリーディング〈読心術〉、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月20日

超能力者たちの物語。と言ってもちょっと物が動かせるとかちょっと火を出すことができるとかとても地味な超能力者たちの素朴な日常ストーリー。最後に集結して悪に立ち向かう話になるのだが、これだけ素朴な超能力の話から急に研究所だの薬だのとSFチックに変化したラストの展開は今までの話から浮いてしまった気がした。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play