ファミリーデイズ

ファミリーデイズ

作者名 :
通常価格 1,263円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

中学校教師と作家の二足のわらじを履く多忙な生活を送る瀬尾さんに訪れた人生の転機。至ってのん気なご主人との出会い、おばちゃん占い師に背中を押されたプロポーズ、まったく想定外だった妊娠――。40歳を目前に母となり、電気コードが大好きというやんちゃな娘さんの育児に奮闘する毎日が幕を開けます。不安でいっぱいのまま迎えた一ヶ月健診。娘さんだけが大音量で泣き続けたお宮参り。中学の教え子たちの成人式に出席するため、初めての家族旅行に。「乳児 太もも 太すぎ」等インターネットで悩みを検索し続けた日々。「もうおっぱいは飲めないんやな。わかったで」とばかりに、たくましい姿を見せた断乳三日目の夜。朝の大号泣と帰宅時のご機嫌ぶりのギャップから始まったプレ幼稚園生活。教職時代に生徒たちが教えてくれた、子育てにとって一番大切なこと……。ほのぼのとおかしく、心をあたためてくれる著者初の家族&育児エッセイ。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
216ページ
電子版発売日
2017年12月22日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月06日

エッセイも面白い瀬尾まいこさん。夫、娘さん、自虐と声を出して笑いたくなる瞬間が多かった。最後のエピソードはほろりとさせられる。中学生って素晴らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月16日

呑気でマイペースなダンナ様とやんちゃな娘さんとの日々が魅力的に描かれたエッセイ。子育てあるあるに頷きながら一気読み。東北生まれ東北育ちの私にとって「大阪のおばちゃんは子育てママにこんなに優しいの?」と驚かされるエピソードも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月06日

2018/7
瀬尾まいこさんの小説は好きでいくつかよんだけど、エッセイは初めて。瀬尾さんが中学の先生とは初めて知った。
子育ての話を教師のエピソードを織り交ぜて繰り広げられており、おもしろかった。子供が欲しくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月23日

「他人の子育ての話は面白くない」と思いながらも、自分の子育て時代を思い出しながら読みました。
中学・高校・大学と、これからお金も要るし、もっともっと大変になるんだからね!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月21日

大好きな瀬尾さんのエッセイ


教育現場で働いていたことと
(私は小学校だけど)
2歳の娘がいることで

いろいろと思うことがあって
ほんとワクワクしながら読めたー!


そして旦那さんのキャラが面白い
ここはうちとは全然違う笑

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play