ほかの先進国と比べて、「生活保護を受けている人の数」も、
「GDPに対する生活保護費の支給額」も圧倒的に少ない“日本の現状”を伝えないテレビ。
それに便乗し、人気取りと財界からの票田を見込む姑息な政治家。
さらには、国民のリストラをたくらむ非情な官僚たち……。

精神科医として、教育関係者として、子を持つ親としての視点から、生活保護バッシングに潜む日本人の病理を考察。
生活保護問題の“真の問題”を暴く!

ジャンル
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ベスト新書
ページ数
196ページ
電子版発売日
2017年12月15日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

テレビの金持ち目線 ―「生活保護」を叩いて得をするのは誰か

Posted by ブクログ 2012年12月31日

最近厳しい目を向けられている生活保護だが、今の世の中誰がいつ受給する立場になってもおかしくはない。誤解や偏見を受けている生活保護の実状やメリットについて、正しい認識を持つために多くの人に読んでもらいたいと思った。特に政治家の人たちには、本書を読んでもう一度違った角度から生活保護を捉え直してほしい。治...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

テレビの金持ち目線 ―「生活保護」を叩いて得をするのは誰か

Posted by ブクログ 2014年01月11日

事実を伝えず、貧困層同士を争わせようとするマスコミ、財界からの票田を見込む政治家、国民の「口減らし」を狙う官僚。それ以外にも、テレビのキー局が東京にあり、「東京目線」であることや、アルコール、パチンコ依存症を生み出すCMを大量に放送しているなど、テレビの問題点も挙げられていて興味深かったです。収入が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?