性愛の享楽は社会の正義と両立しない―――宮台
「良い変態」は社会の抜け道である―――二村

社会が良くなっても性的に幸せになれるわけではない。
むしろその逆が起きている。

男も女も満たされた人生に必要な知恵とは

(〈目次〉より一部抜粋)
まえがき あなたなら愛しあえる 二村ヒトシ

第1章 ほんとうの性愛の話をしよう
・「母への恨み」と〈心の穴〉
・女性が「うっすら病んでいる」世の中
・男の〈インチキ自己肯定〉 他

第2章 なぜ日本人の性愛は劣化したのか
・「セックスレスの増加」と「精子の減少」
・「年の差恋愛」をする女性
・女が男を見極める3つの基準  他

第3章 性の享楽と社会は両立しないのか
・性愛における決定的な男女の差
・男の感情的劣化に対応する女
・中動態の女と能動態の男の断絶  他

第4章 「性愛不全」から脱却する方法
・エロい男は希少資源
・メンヘラとヤリチンの共通点
・専業主婦廃止論で言いたかったこと  他

ジャンル
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ワニの本
ページ数
324ページ
電子版発売日
2017年11月02日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月10日

宮台さんの映画の本が非常に面白かったため、しかも今度は興味が強い「性愛」についての話ということで購入。AV監督二村ヒトシとの対談形式で本書は進むが、主には宮台さんの語りが占める。自分の中でうまく言語化できていない世の中に対してや人間に対しての思いみたいなものを言語化してくれているように感じる。ハレと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?