〈反ユダヤ主義(たんなるユダヤ人憎悪ではなく)、帝国主義(たんなる征服ではなく)、全体主義(たんなる独裁ではなく)が――次から次へと、より残酷なかたちで――示したのは、人間の尊厳が、新しい政治原理、新しい地上の法においてのみ見出されうる新しい保証を必要とするということである。その有効性は今度こそは人類全体を包括する一方で、その力は厳密に限定され、新しく定義された領域的なものに根をおろし、それによって制御されなければならない〉20世紀の中心に生じた「伝統の崩壊」、すなわち強制収容所・絶滅収容所という「地獄」という現実の出来事を、どうすれば理解することができるのか。厖大な文献を読み込み、じっくり考え、理解しようとする営為から、本書は生まれた。国家や法という伝統、さらには人間の本質まで破壊した全体主義への道筋とシステムを描いた20世紀の記念碑的大著の新版を、最新の研究成果を反映し、より正確かつ読みやすくして、ここにおくる。〈理解とは、現実に予断をくだすことなく注意深く向き合い、それに負けないことなのだ〉

ジャンル
出版社
みすず書房
ページ数
360ページ
電子版発売日
2017年09月29日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 全体主義の起原1 新版――反ユダヤ主義
    通常版 1巻 4,860円(税込)
    〈反ユダヤ主義(たんなるユダヤ人憎悪ではなく)、帝国主義(たんなる征服ではなく)、全体主義(たんなる独裁ではなく)が――次から次へと、より残酷なかたちで――示したのは、人間の尊厳が、新しい政治原...
  • 全体主義の起原2 新版――帝国主義
    通常版 2巻 5,184円(税込)
    〈警察を最高の国家権力にまでのし上がらせた全体主義政権は、個人の犯した罪とは無関係に最初からグループとして法の埒外に立たされた大集団に対する支配を基礎として警察権力を強化することに、当然なが...
  • 全体主義の起原3 新版――全体主義
    通常版 3巻 5,184円(税込)
    〈現在までのところ、すべては可能であるという全体主義の信念は、すべてのものは破壊され得るということだけしか証明してこなかったように見える。けれども、すべてが可能であることを証明しようとするそ...

全体主義の起原3 新版――全体主義

Posted by ブクログ 2017年12月02日

果たして全体主義的でなかった時代などあったのだろうか。たしかに局所的にそれはあったのかもしれない。今も全体主義が採用されている時代である。電波利権を保つNHK自体が全体主義の産物である。情報技術の発展によってもはや全体主義を採用する必要がなくなっても、ホメオスタシスというヒトの特性、フィードバックル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?