喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日

喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日

作者名 :
通常価格 1,881円 (1,710円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

石油やダイヤモンドのほか、多くの資源に恵まれているアフリカ大陸。だが、そこに暮らす人々の多くは厳しい貧困と内戦に苦しんできた。膨大な資源が生み出した巨額の金はいったいどこに消えたのか? 長くアフリカに住み丹念に取材を重ねたフィナンシャル・タイムズ紙の記者が直面したのは、欧米が作り上げ、中国がブラッシュアップした巧妙な略奪のシステムだった。グローバル経済の実態を暴く! 【目次】はじめに/序章 富の呪い/第1章 フトゥンゴ/第2章  貧困の温床/第3章  “関係(グワンシー)”/第4章 ゾウが喧嘩をすると草地が荒れる/第5章 北京への懸け橋/第6章 融資とシアン化物/第7章 信仰は関係ない/第8章 新たな富裕層/エピローグ 共犯

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
384ページ
電子版発売日
2017年09月29日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月19日

    ディカプリオ主演、ズウィック監督の映画『ブラッド・ダイヤモンド』が好きな人であれば誰でも興味を持って読める内容だろう。(この映画はあらゆる点で最高の作品で本当に皆におすすめしたい。)
    もし日本の地下に石油やダイヤモンドが存在したら、日本人としては嬉しいと思うだろう。しかしアフリカ諸国では実際に石油や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています