ダニーはロンドン郊外の大きな屋敷で庭師として働いている。屋敷の主は家のまわりに高い石塀を巡らし、つねにボディガードに囲まれて暮らしており、いまだ姿を見たことはない。きっと人間不信の哀れなおじいさんに違いないわ。ある夜、庭の芝を刈っていたダニーは背後からの声に驚いた。振り向くと、若くハンサムな男性が睨みつけている。彼こそがこの屋敷の主、ピアス・サザランドだった。謎めいたピアスの魅力に惹かれ、ダニーは身も心も捧げるが、彼の言葉は、あまりにも冷たいものだった。「僕が君を愛することは決してない。期待するな」■1987年に刊行された、人気作家キャロル・モーティマーの意欲作です。謎めいた過去を持つ人間不信の大富豪を愛してしまった、貧しく無垢なヒロイン。彼の心は固く閉ざされたままで……。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・セレクト
ページ数
160ページ
電子版発売日
2017年09月20日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

富豪ゆえの束縛

購入済み

©1985年

ik 2017年09月20日

庭師のヒロインと富豪のヒーロー
影のあるヒーローに天真爛漫なヒロイン。
ヒロインが庭師で、考え事があると時間に関わらず夜でも芝刈りを始める。面白い設定です。芝刈りの音に驚いて初めて会う2人。
やり取りは面白くテンポよかったのですが、ヒーローが抱えている闇が大きすぎて可哀そう。
ヒロインがへこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

富豪ゆえの束縛

購入済み

うーん?

けも 2017年11月11日

もっと違った書かれ方だったらな、と思う惜しい感じ。ヒロインにもヒーローにも好感イマイチだった。ヒーローなんて、ヒロインと出会ってからもパリで女性と寝たって言ってる。ヒロインに。珍しいヒーローだけど、ドン引き。これってどんな効果を狙った描写なの?俺に惚れるな?ってやつ?ヒロインも自分の行動で誰か失職す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?