異才、発見! 枠を飛び出す子どもたち
作者名 :

1巻配信中

価格 842円 (税込)

発達障害や学習障害などが原因で、「変わった奴」だと学校から疎外され、学ぶ機会を失ってきた子どもたちは多い。東京大学先端科学技術研究所の中邑賢龍氏が立ち上げた「異才発掘プロジェクト」は、教育現場の枠を飛び出した彼らの学びを応援してきた。彼らへの取材で浮き彫りになる、本当の教育とは――。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年09月21日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

異才、発見! 枠を飛び出す子どもたち

Posted by ブクログ 2017年05月30日

不登校児の才能を刺激、発掘するプロジェクト、ROCKETについての話がメイン。
ROCKETでは、不登校で当たり前、そんなことは気にせず、自分を伸ばしていこうという教育(学び?動機付け?)が行われている。内容はどれもすごい。どこからお金が出てくるんだろうというような桁外れのプロジェクトや体験を、小、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?