かるいお姫さま
作者名 :

1巻配信中

価格 691円 (税込)

魔女にのろいをかけられて、ふわふわ浮いてしまうお姫さま。〈重さ〉をとりもどせるただひとつの場所、湖も、魔女のたくらみでしだいに干上がり、お姫さまは弱ってゆきます。お姫さまを救うためには、だれかの命を犠牲にしなければなりません──。表題作のほか、幻想的な「昼の少年と夜の少女」を収録しました。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波少年文庫
ページ数
220ページ
電子版発売日
2017年09月21日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2011年12月28日

ジョージ・マクドナルドの短編(彼の場合、フェアリー・ストーリーと言ったらしいが)も初めて読んだが、なかなか面白かった。
先だって読んだ長編物語もそうだったが、描写が細に入り、非常に美しく、また、ところどころに持ち前のユーモアが垣間見れたりする。
また、ここに収録された二編となると、訳者泣かせだと思う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2011年05月25日

軽いっつったらほんとに軽い。
一見笑っちゃうような話なのに色々と大事なことを見つけられる。
でもちゃんと児童書。
さすがのジョージ・マクドナルド。

2004/05 再読

このレビューは参考になりましたか?

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2011年02月23日

この本には表題作と一緒に「昼の少年と夜の少女」が収録されているんですけど、どちらかと言えばこちらの「昼 & 夜」の方が KiKi 好み♪  「かるいお姫さま」の方はその設定からしてナンセンスで面白いと言えば面白いんだけど、怖いと言えば怖いお話だと思うんですよね~。  待ち望まれて生まれてきた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2012年09月07日

『かるいお姫さま』
お姫さまと周りの人達の会話のちぐはぐな感じが面白い。
魔女への仕返しが可愛い。

『昼の少年と夜の少女』
私はこっちの方が好き。
フォトジェンが、怖がっているニュクテリスを置いていっちゃったり、ニュクテリスの前ではヘタレなのが可愛い。
そもそも、ワトーはどうしてこんな事したんだろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2008年06月19日

「かるいお姫さま」に出てくる、お姫様のサドっぷりと
不憫すぎる王子が一番好きです(笑)
お話自体も、素晴らしいです。

このレビューは参考になりましたか?

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2008年05月27日

魔女にのろいをかけられて、ふわふわ浮いてしまうお姫さま。重さがもどるただひとつの場所である湖も魔女のたくらみで干上がり、お姫さまはしだいに弱ってゆきます…。「昼の少年と夜の少女」も収録。

このレビューは参考になりましたか?

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2006年12月28日

思い出の本。小さい頃、この甘い雰囲気にうっとりした。今改めて読み返してみると意外に諷刺に富んでいる。何歳で読んでもおもしろいものはおもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

かるいお姫さま

Posted by ブクログ 2011年03月16日

おもしろい!

前に読んだ「お姫さまとゴブリンの物語」が面白かったので
ちょっと期待してました

誕生日会によんでもらえなかった王様のおねえさんの魔女が
生まれたお姫様に「重さ」をなくす呪いをかけてしまう話

重さがないってことがなるほど面白く描かれてる
感情も軽いというか、重くならないのがおもしろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?