すごいトシヨリBOOK(毎日新聞出版) トシをとると楽しみがふえる

すごいトシヨリBOOK(毎日新聞出版) トシをとると楽しみがふえる

作者名 :
通常価格 849円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ドイツ文学者・池内紀の語り下ろし。老いに抵抗するのではなく、老いを受け入れて、自分らしく楽しくトシをとろう。そう決めた著者は、70歳になったとき、「すごいトシヨリBOOK」と銘打ったノートに、老いていく自分の観察記録をつけはじめた。もの忘れがふえたり、身体が不調になってきたり、そんな自分と向き合いながら著者は、老人の行動をチェックするための「老化早見表」なるものを考案したり、「OTKJ」(お金をつかわないで暮らす術)といった独創的な節約システムを生み出すなど、楽しく老いる知恵と工夫を日々研鑽している。「心はフケていないと思うこと自体がフケている印」「心がフケたからこそ、若い時とは違う命の局面がみえてくる」。名エッセイストによる、ほがらかに老いを楽しむノウハウがつまった画期的な本

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
毎日新聞出版
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年09月08日
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月06日

年寄りになるというより誰もがなってしまうのだが。自分はまだまだ若いと思い込みたいが、年を取れば年寄りになるのだ。認めることが大事なのだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月13日

20180113 すごい老人の生き方の紹介ではない。結局は楽しみながら行きて行く話になっている。考えてみれば楽しんで生きることをどれだけ早い時期からやれるかという話はできない。ちょうど定年前後からそのような立ち位置になれるので読んで気になった話だけでも参考になるにしてやってみたら良いと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月23日

ユニクロの服とか下の話とか率直です。旅とかコレクションとか静かな豊かさ、医者に頼らない自立とかへのシンパシーなどなど、読んでほっとする一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月11日

題名からパワフルな年寄とか老後をイメージしてしまうが、内容は老いを受け入れる自然体の姿、だがその老後を生き抜くにあたっての肩肘張らない考え方や工夫が淡々と提示されていて、もしそのような老後を過ごせるなら、とても幸せ、それこそすごいトシヨリということになるだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月03日

著者は子供の頃 夫の近くに住んでおられた
祖母と同じ姓
少し年上
最近老人向けのこういう本多いですね
つい目が行きます
役に立つこと私にはどうもということ
とりまぜて読みました
「老いとは寄り添え」
「病とは連れ添え」
「医者は限定利用」
同感です!
池内さん、おうちいろいろ大変でしたけど頑張ってく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play