100年以上前に絶滅したとされるニホンオオカミ。しかし、今も目撃情報が絶えず、その姿を追い求めている人たちがいる。
果たして本当にいるのか、いないのか。その正体は何なのか?
半信半疑のまま取材を始めたジャーナリストは、しだいにオオカミ探しの渦に巻き込まれていく。
そして、彼はとうとう“オオカミ体験者”となる……

ジャンル
出版社
旬報社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2017年09月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ニホンオオカミは消えたか?

Posted by ブクログ 2017年06月10日

絶滅したといわれるニホンオオカミ。
けれども、未だに「犬ではない」生き物の目撃証言はある。
ニホンオオカミは絶滅したのか。
そして、目撃されたニホンオオカミのすがたかたちはさまざまで、固有種とするには無理がある。はたしてニホンオオカミとはどのような種であったのか。

ニホンオオカミが生きていると調査...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ニホンオオカミは消えたか?

Posted by ブクログ 2017年04月27日

近年、イノシシやシカが増え、山や畑が荒らされる例が増えてきている。捕食者が消え、生態系のバランスが狂ったことが一因であるとされる。
それに伴って、ではこうした「害獣」を狩る頂点捕食者を導入すればよいとする主張がある。具体的にはかつて日本にもいたが明治期に絶滅したとされるオオカミである。この議論には賛...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?