風光明媚な福井県蔵岡町に、江戸時代から造り酒屋を営む一軒の蔵元“蔵岡酒造”がある。父の急逝により酒蔵を継ぐことになった神尾茜は、酒蔵と一緒に小さな旅館「蔵の宿」を始める!!

ジャンル
出版社
芳文社
掲載誌・レーベル
週刊漫画TIMES
ページ数
274ページ
電子版発売日
2017年09月04日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 蔵の宿 1巻
    通常版 1巻 648円(税込)
    風光明媚な福井県蔵岡町に、江戸時代から造り酒屋を営む一軒の蔵元“蔵岡酒造”がある。父の急逝により酒蔵を継ぐことになった神尾茜は、酒蔵と一緒に小さな旅館「蔵の宿」を始める!!
  • 蔵の宿 2巻
    通常版 2巻 648円(税込)
    米どころでもあり酒どころでもある福井県蔵岡町に神尾茜の夢をのせた「蔵の宿」が誕生して、初めてのお客様を迎える。一方、修平は蔵岡酒造の一員として新酒造りに情熱を注いでいた!!
  • 蔵の宿 3巻
    通常版 3巻 648円(税込)
    帰郷した女将・神尾茜の夢を乗せて福井県蔵岡町に誕生した旅館[蔵の宿]。しかし不審事が相次いで…。どうやら仲居の君子の仕業らしい。一方、修平は蔵岡酒造の蔵元として新酒品評会に挑む!!
  • 蔵の宿 4巻
    通常版 4巻 648円(税込)
    幸田一族の乗っ取り工作にもひるまず女将・神尾茜が切り盛りする[蔵の宿]はお客様の評判も上々。皆で力を合わせ順調な滑り出しだ。一方、蔵岡酒造の修平は身の潔白を証明するため再び新酒品評会に挑むが…!!
  • 蔵の宿 5巻
    通常版 5巻 648円(税込)
    福井・蔵岡町にある蔵の宿を乗っ取るため、老獪な元代議士が仕掛けた神尾茜のスキャンダルが暴露され、蔵の宿は風前の灯。その窮地を救おうと、修平はプリンセスホテルの田所支配人と共に闘うが…!
  • 蔵の宿 6巻
    通常版 6巻 648円(税込)
    お客でにぎわう蔵の宿に突然現れた二人連れの女性客がクレームをつけまくり、女将・茜は対応に大わらわ。一方、蕎麦打ち名人・林田は、蔵の宿の代表として第一回越前蕎麦打ち大会で優勝を狙う!
  • 蔵の宿 7巻
    通常版 7巻 648円(税込)
    女将・茜の蔵の宿は、温かいもてなしの旅館として人気急上昇。 その蔵の宿を代表して出場した蕎麦打ち名人・林田は、第一回越前蕎麦打ち大会で決勝に進む。そして修平の造った新酒が完成した!
  • 蔵の宿 8巻
    通常版 8巻 648円(税込)
    造り酒屋の宿でありながら、造り酒屋らしい…ここでしか味わえない料理がない。越前蕎麦打ちコンテストの審査員も務めた料理研究家・伊東吉彦の厳しい指摘に目の前が真っ暗になった女将と花板に起死回生の策...
  • 蔵の宿 9巻
    通常版 9巻 648円(税込)
    四部屋と小さい部屋ながら心のこもったもてなしで客足の絶えない蔵の宿。しかし、乗っ取りをたくらむ幸田一派に利用された元看護士の仲居・奈々子の陰謀により茜と修平は窮地に! そして宿にはオリンピッ...
  • 蔵の宿 10巻
    通常版 10巻 648円(税込)
    お客でにぎわう蔵の宿に信江の妹・敏江がやってきた。仲居として働く敏江だが、わがままで自己中心的な性格は蔵の宿の雰囲気を息苦しくさせる。そんな敏江を気遣う茜だが…。蔵岡酒造では命懸けの酒造りが始...

蔵の宿 2巻

Posted by ブクログ 2014年01月03日

華中華やあんどーなつと同じで、「意地悪されて、あっさり乗り越える」を繰り返すパターン。
なんか楽しい。

このレビューは参考になりましたか?