ハーバード・ケネディスクールで25年間
「最も影響を受けた授業」に選ばれ続ける
ハイフェッツ教授の超実践的リーダーシップ論。

ロナルド・A・ハイフェッツ(ハーバード・ケネディスクール上級講師)
独創性に富んだリーダーシップの教育と実践法が世界中から高く評価。
2013年放送の「リーダーシップ白熱教室」が日本で大きな話題に(NHK教育テレビ)。
IBM、マイクロソフト、マッキンゼー、世界銀行、CIAなどのアドバイザーも務める。
チェリストでもあり、ロシアのチェロの名手グレゴリー・ピアティゴルスキーの愛弟子のひとり。
本書の原書The Practice of Adaptive Leadershipは11万部突破のロングセラーとなっている。

「理詰めで答えが得られないときが、リーダーシップの出番だ。」
あなたはいま、どんな問題に取り組んでいるだろうか?
その問題の解決のために、時間とエネルギー、経験と専門知識を総動員しているかもしれない。
それでもまだ解決できずにいるなら、恐らくその問題は「技術的問題」ではなく「適応課題」だ。
「技術的問題」であれば、技術や経験だけで解決できる。だが「適応課題」では、当事者が現実を直視して、
一時的な喪失や恐怖を受け入れ、変化に適応できるよう戦略的かつ政治的に対処することが求められる。
誰も好んでやりたいとは思わないだろう。相手だけでなく自分にもキャリアや生活の危機を招くことになる。
だが誰かがやらなければ、国家、社会、コミュニティ、組織は変化に適応できず、崩壊してしまう。
だからリーダーシップとは最も危険で、最も価値ある行動なのだ。

あらゆる人々をまとめ動かす、戦略的・政治的テクニック&ツール集
派閥抗争、合併による企業文化の衝突、既存事業への固執、組織のサイロ化…
これまで誰も手がつけられなかった最難関(適応課題)に、あなたはどう立ち向かうか?
どうすれば権威者、反対派、協力者、傍観者、異端者をその気にさせられるか?
観察・解釈・介入のプロセス、公式と非公式の権威、政治的思考、バルコニ―に上がる、エレファント…
35年にわたるリサーチ、営利・非営利・公共での実践、世界中でのコンサルティングで検証を重ねた
「アダプティブ・リーダーシップ」の理論と実践を、ケーススタディ、ワークシート満載で解説する。

ジャンル
出版社
英治出版
ページ数
464ページ
電子版発売日
2017年09月06日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

最難関のリーダーシップ ― 変革をやり遂げる意志とスキル

Posted by ブクログ 2018年02月15日

リーダーシップの実践書の決定版ですね!
リーダーとは、こうあるべき、こう考えるべきと説く本は多くあるが、リーダーシップを発揮する苦しさ、迷いそして、実現するための人の巻き込み、組織のダイナミクスをこれほど実際的にまとめた本はこれまでありませんでした。目からうろこと、そうそうこれこれと思わせる内容でし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

最難関のリーダーシップ ― 変革をやり遂げる意志とスキル

Posted by ブクログ 2018年03月31日

適応リーダーシップを実践するのは危険を伴う。そのためなぜ適応リーダーシップを実践しようとしているかは熟考の必要がある。という箇所が一番役にたちそう。

このレビューは参考になりましたか?