子どもたちが、自ら考えて、自ら動けるようになる。
そのために、今日からできる私たち大人の関わり方。
一日一回の“問いかけ”によって、子どもが変わる。
家庭でのコミュニケーションに、学校の授業に、スポーツ指導に役立つ事例と秘訣が満載。
あの強豪チームや学校でも実践されている、しつもんテクニック。

「子どもたちにサッカーの指導をしているけれど、なかなかな効果があらわれない。」
「息子が野球をはじめたいと言うからチームに入れたのに、やる気が見られない。」
「なんでも親まかせ、他人まかせ。自分で考えて行動しようとしない。」
サッカーや野球といったスポーツに限らず、習い事や勉強など、
子どもたちのやる気を引き出すのは難しい……。
「どうしたら、子どもたちがやる気を出してくれるんだろう?」
実はこれは、数年前までスポーツ指導の現場にいた私自身の悩みでした。
課題を解決すべく、毎日子どもたちと向き合うも思い通りにはいきません。
そんな中、ある出会いと気づきが転機となりました。

「教えることをやめる。」

教えよう、教えようとしていた自分を変え、子どもたちに効果的な“しつもん”をする。
たったそれだけで、子どもたちの目が輝き出し、みるみる能力を発揮するようになっていったのです。
この本は、スポーツの指導者、コーチ、学校の先生や保護者の方のお悩みを、
七つの“しつもん”で解決していこうという本です。
教えることをやめるってどういうこと?
どうして質問で解決できるの?
質問と“しつもん”ってなにか違いがあるの?
この本を手にとってページをめくりはじめたばかりのあなたの頭には
?マークがたくさん浮かんでいると思います。
この本を通じ、その一つひとつにお答えしていきます。
(「はじめに」より)

ジャンル
出版社
旬報社
ページ数
200ページ
電子版発売日
2017年09月01日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

子どものやる気を引き出す7つのしつもん スポーツメンタルコーチに学ぶ!

Posted by ブクログ 2017年07月18日

子どものやる気を伸ばすには…、夏休みになると
つい気になってしまう子どもの行動。
『宿題早くやればいいのに…』『漫画を読むのは後でもいいのに…』
”○○すればいいのに”といつも以上に思ってしまいます。

『問いかけ』の仕方が違うのかな?
とあるサッカー指導者の著書から感じた疑問を
具体的にどうすれば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?