国王の後妻になるために嫁いだ先で初恋の王子に奪われて……

「俺のものだ……全部、俺のもの……」シルヴェーク王国の第二王女・ローズマリーは、隣国ヴィストリア王国の国王に嫁ぐことに。実はローズマリーは、幼い頃に出会った国王の息子・エドバート王子のことを、ずっと忘れられないでいた。数年ぶりに再会した二人だが、義息になるはずのエドバードに、奪うように激しく甘く求められてしまい……!?
★ヴァニラ文庫4周年特典SS付き★

ジャンル
出版社
ヴァニラ文庫
掲載誌・レーベル
ヴァニラ文庫
ページ数
250ページ
電子版発売日
2017年08月25日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

王の花嫁は黒の王子に惑わされる 【SS付き】

ネタバレ購入済み

ネタバレ

リリー 2018年09月05日

とても、良い話でした。
でも、そこまで誤解するかなーと思いながら読みました。国王と結婚するそれは良いとして、あれだけわかりやすい感じのエドワードなのにわからないの?と不思議でした

このレビューは参考になりましたか?