古代ギリシアでは、哲学者たちは神が作りたもうた宇宙の秩序を理解するために、数を研究した。幾何学の定理、黄金比、無理数の発見もすべて自然の神秘を知る手がかりを求めてのことだった。しかしその数も今では、量を表す場合でのみ使われており、秘数の教えはすっかり影をひそめてしまっている。そこで本書は、現代数学の話題を織り込みながら、魔術的な数に関する初心者向けのガイドブックとして、秘教的な数の本質と、その秘密の一端を明らかにしようと試みる。

ジャンル
出版社
創元社
ページ数
76ページ
電子版発売日
2017年08月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

アルケミスト双書 数の不思議 魔方陣・ゼロ・ゲマトリア

Posted by ブクログ 2012年03月31日

数とは何か?と、問われてみれば

>物の価値を示す単位。
>量を表す場合に使用。
>無限である…

それくらいしか思いつかない。
が、
ページを開いてみると、目からウロコがぽろぽろぽろぽろ…
驚くほどたくさん落ちてきた!

それぞれの数字(1,2,3…endless!)にはそれぞれ異なる神秘的なまで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アルケミスト双書 数の不思議 魔方陣・ゼロ・ゲマトリア

Posted by ブクログ 2010年08月27日

 量を表すのではなく、数字自体に秘められた魔術的とも思われる意味を明らかにしようとするガイドブック。
 久々に数の意味と不思議な整合性に触れて、頭が柔軟になった感じ。
 西洋だけでなく、インド、中国、マヤにも言及してるので、その分ダイナミックにはなったんだけど、散漫にもなってしまったのは残念かな。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?