2億5千万円の借金を抱える古橋に、麻薬生産地〈黄金の三日月地帯〉を支配する君主のネタが持ち込まれた。元警察官僚の古橋は日本政府との関わりを嗅ぎ取り、君主暗殺を企てる。古橋は、「理由あり」の陸上自衛隊狙撃手要員・澤崎をスカウト。彼には、長女の臓器移植手術に充てるため1億円が必要だった。アフガニスタンに渡った二人が直面する驚愕の真実とは!?

ジャンル
出版社
光文社
電子版発売日
2017年08月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

強行偵察

Posted by ブクログ 2018年07月21日

我が子の治療費の為にスナイパーとして危険地帯に赴くパパってのは、軍人ならよくあるパターンかもだけど、日本の自衛隊員って設定はキツイ

このレビューは参考になりましたか?

強行偵察

Posted by ブクログ 2013年01月20日

この手の小説は日本では成立し難い。
舞台を外国に設定したのは、作者の苦肉の策だろう。
でも、主人公が日本人だと、どうしてもリアリティがない。
結局、日本人のスナイパーは、デューク東郷しか認知されないようだ。

このレビューは参考になりましたか?

強行偵察

Posted by ブクログ 2012年05月20日

「静寂の暗殺者」の登場人物の古橋と澤崎が最初に出会った物語。
二億五千万円の借金を抱える古橋に、麻薬生産地“黄金の三日月地帯”を支配する君主のネタが持ち込まれた。元警察官僚の古橋は日本政府との関わりを嗅ぎ取り、君主暗殺を企てる。古橋は、「理由あり」の陸上自衛隊狙撃手要員・澤崎をスカウト。彼には、長女...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

強行偵察

Posted by ブクログ 2010年09月17日

アクション小説ですが、スナイパーを中心に描いているので、ちょっと珍しいタイプの小説ですね。
この著者の作品は、マルスブルーから読み始めたんで、あまり多くは知りませんが、ディテールまでしっかりしていると思います。
ただ、ちょっと堅くて、苦手な人はいるかなという感じです。
自分としては、結構楽しめた本で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?