スポーツサスペンスの金字塔

人類が経験できる、もっとも過酷なスポーツ。
それが「アドベンチャーレース」だ。
超長距離を走り、泳ぎ、バイクやカヤックなど様々な手段で移動しながら、
チェックポイントを次々に通過していく。

瀬戸内海のとびしま海道で行われるアドベンチャーレースの大会に、
警視庁に勤務する4人の「チームP」も参加した。
しかしスタート直前、キャップの和倉賢治のもとに
「家族を預かった。無事に返してほしければ、レース中にあるものを回収しろ」
との脅迫電話が……。

タイムリミットは24時間。
果たして和倉たちはレースで勝利しながら、家族を救い出し、犯人を追い詰められるのか。
警察小説の名手が描く、スポーツ・サスペンスの最先端!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
360ページ
電子版発売日
2017年08月09日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ランニング・ワイルド

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月18日

 レースの途中まではあまり盛り上がり無く淡々と進みました。SSDを回収し、ゴールするあたりからようやく盛り上がってきました。

このレビューは参考になりましたか?

ランニング・ワイルド

Posted by ブクログ 2017年09月04日

アドベンチャー・レースって初めて知った。全く興味はないけど、そんなスポーツがあるんだ。はまる人がいるのは分かる。
あと、広島市出身だけど、とびしま海道も初めて知った。天気がいい時期に行ってみたいものだ。
話は、残念ながらイマイチ。主人公の対応もだし、犯人達の動機も。

このレビューは参考になりましたか?

ランニング・ワイルド

Posted by ブクログ 2018年06月29日

ラン、シーカヤック、バイクの競技で超長距離のゴールを目指すアドベンチャーレース。そのスタート直前に、警視庁チームのキャップ和倉に、奥さんと娘を拉致したとの連絡が。相手の要求は、レース中にあるものを回収して引き渡すこと。家族は、そしてレースは・・・
スピード感はあり、周りを固めるキャラクターもそれなり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ランニング・ワイルド

Posted by ブクログ 2018年03月15日

アドベンチャーレースと事件を絡めたお話。
主人公とレースのチームメイトと犯人の目線で文章は構成されております。
スポーツ小説かと思いきや、出だしからすぐに事件が絡んでくるので最後まで読みやすかった。
アドベンチャーレースが過酷な戦いであることは知識のみですが知っていたのでどう表現されるのかと思ってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ランニング・ワイルド

Posted by ブクログ 2017年11月20日

堂場瞬一ならもっと面白くてもいい気がします。
アドベンチャーレースだけで書けなかったのかな。
聞いた事にないレースだからそれにサスペンスが加わると共感出来なかった。
もったいないですね。

このレビューは参考になりましたか?