AX アックス

小説5位

AX アックス

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>!】

最強の殺し屋は――恐妻家。

物騒な奴がまた現れた!
新たなエンタメの可能性を切り開く、娯楽小説の最高峰!

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
一人息子の克巳もあきれるほどだ。
兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

書き下ろし2篇を加えた計5篇。シリーズ初の連作集!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2017年08月10日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年10月15日

最強の殺し屋「兜」は恐妻家。妻の機嫌をうかがい、口答えなんてとんでもない…優しい家族思いのお父さん。父親がこんな物騒な仕事をしていることを家族はもちろん知らない。家族の存在から、仕事を辞めたいと考え始めた兜だが、この世界から簡単に逃れられるはずがなく、次々と異変がおこる。そして突然の死! 主人公の途...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月15日

殺し屋で恐妻家という伊坂氏らしい主人公設定がまずツボ。殺しの途中でさえ妻の機嫌を優先するなんて面白すぎる。 今回は伏線の妙よりまさかのストーリー展開にびっくり。 テーマは家族愛。同じような家族を持つ身として、主人公・兜の思いにただただ同意しながら読み終えた。 でもさすがにここまで恐妻家ではないよ、僕...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月12日

恐妻家の殺し屋「兜」にまつわる連作(タイトルの頭ががAからFまで)の短編。兜が妻や息子、友、そして自分の人生に対する想い(モノローグ)が面白くもチョッピリ切なく悲しい。EXITで退場し、FINEの扉のイラストではカマキリが消えてしまうが、蟷螂の斧(AX)がついには効力をなし、エピローグはそれかいとい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月10日

さすが伊坂幸太郎
面白かった
恐妻家の殺し屋 
短編を収束していく
息子がいいな
楽しませてもらいました

≪ カマキリは 斧AXに 命懸け ≫

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月09日

大好きな殺し屋シリーズ!笑
今回は家族愛と友情も巻き込みながら、悲しくも爽快な最後だった。
人を殺す瞬間よりも、妻と対峙した瞬間の方が緊張が走るという、主人公の感想が面白おかしくもあった!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play