看護の力
作者名 :

1巻配信中

価格 777円 (税込)

人間誰もが持つ自然に治る力を引き出すこと。著者はこれこそが看護の営みの原点という。美味しく食べて、気持ちよく清潔に過ごし、ぐっすりと眠れるように……人間らしく生きる普通の暮らしを整えるケアとは何か。胃瘻や床ずれ対応のヒントに「下の世話」や代用入浴の心得など。現役看護師として60年、その心と技の真髄。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
222ページ
電子版発売日
2017年08月17日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

看護の力

Posted by ブクログ 2012年12月03日

現場を離れて何年も経つけど、これを読んであのころの自分の傲慢さに恥ずかしくなった。
もし現場に戻ることがあったら、この本手元においておこう。

このレビューは参考になりましたか?

看護の力

Posted by ブクログ 2018年05月09日

看護師の生き様考え方についての本。
看護師という職種がなぜできたのか、看護学校の変遷など看護の基本となることを学ぶことができました。一番印象に残ったのは、看護の力で「気づく力」というものがあることです。どのように経験を重ねてもいつでも新鮮な目で対象を見ることができるように、日頃から感受性を研ぎ澄まし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

看護の力

Posted by ブクログ 2013年03月24日

【読書その21】日本赤十字看護大学名誉教授の川嶋みどり氏の著書。看護について勉強するために手に取る。次は自分の担当分野の訪問看護にフォーカスした本を読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

看護の力

Posted by ブクログ 2012年12月30日

看護とは何か。
体を綺麗に拭きとってくれることで、安息を得てそれが延命に繋がったりもする。直接的な手術や投薬だけが治療ではないのだな、と思った。

このレビューは参考になりましたか?

看護の力

Posted by ブクログ 2012年12月06日

本当に、どうして看護師は重労働なんだろう。決して看護師不足ではないはずなのに、資格を持った人たちがどんどんやめていく。
それは介護に携わるものも同じ。
結局、まるで医師の手伝いみたいにこき使ったり、病院のしわ寄せがやってきたり、過酷な労働条件にもあると思う。
もちろん、病院の医師についても同じでしょ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

看護の力

Posted by ブクログ 2012年11月28日

看護師歴60年の著者が、看護とは何かについて、エッセイのような語り口で述べた本。
読後感としては、ほんわかした、あったかい、気持ちいい感じ。この本自体が人をほんのり幸せにする文体で書かれている。

看護とは、人間らしく生きられるように、サポートすることなのだと思った。
息をすること、食べること、排泄...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?