さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)

【書籍説明】
訪問販売や勧誘の押しに弱く不要なものを思いがけず契約してしまう友人がいる。
彼女は毎度、契約完了後に断り切れなかった悔しさと怒りに襲われ、数日間は後悔の念に苦しむ。
そりゃあ、最初から本気で欲しかったものではない上に、本当に納得した上での契約ではなく、
「断り切れなかったから」という理由での契約なのだから、その感情を抱くことは普通であろう。
あなたもそういった経験をしたことはないだろうか?
私自身結婚し、引っ越した先は訪問販売が今までの倍以上押しかける訪問販売が盛んな地域で、
多い日は1日に5人も訪れた。今もほぼ2日に1人以上が家のインターホンを押す。
これまで経験したことのないしつこい販売人にも遭遇するようになった。
カメラ付きで玄関に出ずとも家の中で応対できるインターホンを持つ人は玄関を開けずに対応できるが、
それがないアパート暮らしには、玄関を開ける際、訪問販売との決戦の覚悟がいる。
訪問販売を上手く回避する私と、押し負けてしまう友人の話を聞く中で、いくつかの違いを発見した。
私や夫、友人の経験をもとに訪問販売に対応する方法を研究し述べていく。
もう悔しい契約はご免だ!そういった方に是非読んで頂きたい。


【目次】
断る声は大きめで
玄関ドアのどこを持つ?
話は真剣に聞かない
アンケートは要注意
「夫に聞いてみないと」は使いよう
居留守はほどほどに
気を付けることまとめ
クーリング・オフ制度を活用する


【著者紹介】
ぴかぴかりん(ピカピカリン)
大学卒業後、一般企業で事務員を経験。
現在は専業主婦。
自分の経験をもとに人の役に立てる本を目指して執筆に奮闘中。
いつか自分の小説を執筆することを目標に経験を重ねている。

ジャンル
出版社
まんがびと
電子版発売日
2017年09月01日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。