「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見せる粋な人情裁き。藤井邦夫の人気を決定づけた大好評シリーズの続編が、書き下ろし新シリーズとしてスタート。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2017年08月01日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 1 曼珠沙華
    通常版 1巻 550円(税込)
    「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見せる粋な人情裁き。藤井邦夫の人気を決定...
  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 2 思案橋
    通常版 2巻 550円(税込)
    楓川に架かる新場橋そばで男の死体が見つかった。体に般若の彫り物があるその男は「般若の猪之吉」という通り名の博奕打ちだった。猪之吉の情婦おつやを訪ねた臨時廻り同心の白縫半兵衛は、取り乱す様子を...
  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 3 緋牡丹
    通常版 3巻 550円(税込)
    八丁堀北島町にある白縫半兵衛の組屋敷に、奉公人の身形をしたおふみという娘が訪ねてきた。奉公先の料理屋「江戸春」で人殺しの密談を聞いてしまったおふみは、店を飛び出してきたという。さらにそのおふ...
  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 4 名無し
    通常版 4巻 540円(税込)
    根津権現界隈に小判を咥えた野良犬が現れたという噂がたち、浪人やら博打打ちが方々から集まって、町の者に多大な迷惑をかけているという。探索に乗り出した北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛が、特に質...
  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 5 片えくぼ
    続巻入荷
    通常版 5巻 540円(税込)
    下っ引の音次郎は湯島天神の境内で幼馴染みのおしんを見かける。以前おしんを心ならずも怪我させてしまい、謝らずじまいだった音次郎は見失ったおしんを捜す。すると不審な動きを見せたおしんの身には、深...

新・知らぬが半兵衛手控帖 : 4 名無し

Posted by ブクログ 2018年03月13日

藤井邦夫さんのシリーズ、どれもこれも面白いです。私にとってベスト3は秋山久蔵シリーズ、半兵衛シリーズ、柳橋シリーズですw。「名無し」、新・知らぬが半兵衛手控帖シリーズ№4(2018.2)を読みました。お宝さがし、逢引き、嘘吐き、名無しの4話。タイトルになっている「名無し」、特に秀逸です。人気が高い多...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新・知らぬが半兵衛手控帖 : 3 緋牡丹

Posted by ブクログ 2017年12月13日

藤井邦夫さんの作品に「はずれ」はありません(^-^) 新・知らぬが半兵衛手控帖シリーズ№3「緋牡丹」、2017.11発行です。逃げ水、御禁制、緋牡丹、片思いの4話。「逃げ水」、「片思い」は半兵衛、半次、音次郎、房吉、まさに半兵衛一家の活躍です。「御禁制」は半兵衛一家に柳橋の弥平次一家が加わります。「...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新・知らぬが半兵衛手控帖 : 2 思案橋

Posted by ブクログ 2017年08月30日

藤井邦夫さんの新・知らぬが半兵衛手控帖シリーズ№2「思案橋」、2017.7発行、思案橋、幻の女、忠義者、帰って来た娘の4話、どれも胸のすくはなしです。特に、忠義者、感動しました。秋田から主の仇を討つために江戸に来た直吉。そして、その直吉を追って野良犬化しながらも江戸の白縫半兵衛宅に辿り着いた秋田犬の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新・知らぬが半兵衛手控帖 : 1 曼珠沙華

Posted by ブクログ 2017年07月04日

~赤い花なら曼殊沙華 阿蘭陀屋敷に雨が降る 濡れて泣いてるじゃがたらお春~♪ 「長崎物語」、古い歌です。哀しい歌です。藤井邦夫さん、「曼殊沙華」(2017.6)で半兵衛さんがリバイバルしました。(^-^) 半兵衛、半次、二人合わせて一人前w。鶴次郎が死んで4年、新たに音次郎という仲間が生まれました。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?