主人公は旗本の三男坊(実は、将軍家斉の御落胤)で部屋住みの飛川角之進。将棋が得意で、根津の湯屋の二階で町人たちを相手にその指導をしている。この快男児がさまざまな事件に巻きこまれ、ときには悪人を成敗し、またときにはともに人情に泣く。人気作家が描く、時代小説の新シリーズ開幕。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年07月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 若さま包丁人情駒
    通常版 1巻 668円(税込)
    主人公は旗本の三男坊(実は、将軍家斉の御落胤)で部屋住みの飛川角之進。将棋が得意で、根津の湯屋の二階で町人たちを相手にその指導をしている。この快男児がさまざまな事件に巻きこまれ、ときには悪人...
  • 若さま包丁人情駒 飛車角侍
    通常版 2巻 668円(税込)
    旗本の三男坊で、部屋住みの飛川角之進。将棋が得意で、根津の湯屋の二階で町人たちを相手にその指導をしたり、湯屋の隣の料理屋で、見習いとして修業をしていたりする。そして、剣の腕も立つことから、様...
  • 若さま包丁人情駒 大勝負
    通常版 3巻 669円(税込)
    将棋が得意で、根津の湯屋の二階で町人たちを相手に指導をしたり、湯屋の隣の料理屋で、見習いとして修業をする。そして、剣の腕も立つことから、様々な事件を持ち込まれることもある旗本の三男坊で、部屋...
  • 若さま天狗仕置き 闇成敗
    通常版 4巻 669円(税込)
    小茄子の翡翠煮、常節と若布の生姜 醤油、筍の穂先焼きなど、今日も湯島三組町の田楽屋では、あるじの八十八が丹精込めた料理が美味しい匂いとともに並ぶ。厨には、彼と並んで作務衣をまとった若い侍がい...
  • 若さま闇仕置き 狐退治
    通常版 5巻 680円(税込)
    湯島三組町の「田楽屋」という料理屋で修行中の旗本の三男坊・飛川角之進。剣も将棋も敵なしの腕前の彼の前に、結婚という難題が立ちふさがる。それは、相手が武家ではなく、湯屋の娘だったからだ。そんな...
  • 若さま影成敗 あまから春秋
    通常版 6巻 680円(税込)
    旗本の三男坊・飛川角之進。湯島三組町の「田楽屋」という料理屋で修行し、剣も将棋も敵なしの腕前の彼は、湯屋の娘と一緒になったのを機に独立して、店を構えた。あたふたとしながらも頑張る二人の前に、...
  • 若さま大転身 国盗り慕情
    通常版 7巻 691円(税込)
    湯島の料理屋で修業していた旗本の三男坊・飛川角之進は、剣も将棋も敵なしの腕前。湯屋の娘と一緒になったのを機に独立して店を構えた。そして、子どもが出来たとわかった矢先、角之進が実は将軍の御落胤...
  • 若さま大団円 諸国を駆けろ
    通常版 8巻 691円(税込)
    剣と将棋がめっぽう強い旗本の三男坊・飛川角之進。町娘と一緒になり、「あまから屋」という料理屋を営んでいる。実は彼は将軍の御落胤。そのことを知る美濃前洞(まえぼら)藩の重臣たちに頼まれ、病に倒れ...

若さま大団円 諸国を駆けろ

Posted by ブクログ 2017年09月06日

ランニング、料理、将棋、俳句・川柳、猫などがお好きな倉阪鬼一郎さん、若さまシリーズ№8「諸国を駆けろ」、2017.8発行です。著者の得意な分野をぜんぶ網羅したハッピーエンドの作品と言っていいと思います(^-^)読みやすく楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

若さま影成敗 あまから春秋

Posted by ブクログ 2016年08月06日

倉阪鬼一郎 著「あまから春秋」、若さま影成敗№6、2015.12発行です。団子坂に「あまから屋」があります。主は湯島「田楽屋」で八十八に修業した旗本三男坊の飛川角乃進、おかみは同じく湯島「田楽屋」の隣「湯屋」の看板娘おみつ、内縁の妻として所帯を持ち仲良く暮らしている。角乃進は料理はそこそこ、でも剣も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

若さま包丁人情駒

Posted by ブクログ 2014年04月20日

旗本の三男坊,飛川角之進.湯屋の二階で将棋の指南役をする一方で,隣の料理屋に弟子入りし,日々,精進している.
将棋も剣技も一流,それでいて優しく律儀,さらに料理も出来る男前.そんな彼のもとに数々の事件が舞い込むのだが・・・派手さはないが人情味溢れる面白い作品でした.さっそく続編も読みたくなりました.

このレビューは参考になりましたか?

若さま大転身 国盗り慕情

Posted by ブクログ 2017年03月19日

倉阪鬼一郎 著「国盗り慕情」(若さまシリーズ№7)、2016.10発行。飛川角之進は、「槙村若狭守斉俊」の名で美濃藩藩主に。藩主が藩士と共に歩く大名行列で、小田原の蒲鉾、由比のしらす丼を食べながら美濃に。領内をくまなく廻り民を激励。一方、おみつは王之進を産み、あまから屋を守りながら角乃進の帰りを待つ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

若さま影成敗 あまから春秋

Posted by ブクログ 2016年01月04日

あらすじ(背表紙より)
油揚げと牛蒡を一緒に炊きこんだ松茸飯に、大根おろしをたっぷりのせた秋刀魚の塩焼き、里芋の味噌汁、それに青菜の胡麻和え。白山から谷中に通じる団子坂に美味しい昼膳を出す「あまから屋」という見世が新しく出来た。料理人は、飛川角之進という旗本の三男坊。一緒になった町娘おみつと二人で営...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

若さま闇仕置き 狐退治

Posted by ブクログ 2015年12月30日

あらすじ(背表紙より)
暑い夏。冷やしうどんに胡麻豆腐をのせ、青紫蘇と茗荷を薬味に食べる一品に始まり、穴子の八幡巻き、鰹膾など、季節にあわせた美味い料理を出す湯島三組町の田楽屋。そこで修業中の若侍飛川角之進は、湯屋の娘おみつと一緒になるため、お互いの両親から許しを得ようと決意した。その矢先、角之進は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

若さま天狗仕置き 闇成敗

Posted by ブクログ 2015年01月25日

若さま包丁人情駒シリーズ4弾.黒幕との決着,生涯のライバルの死別,さてこれで完結だろうか.ちょっと今作は物足りなさを感じてしまった.
以下あらすじ(巻末より)
小茄子の翡翠煮、常節と若布の生姜 醤油、筍の穂先焼きなど、今日も湯島三組町の田楽屋では、あるじの八十八が丹精込めた料理が美味しい匂いとともに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

若さま包丁人情駒 大勝負

Posted by ブクログ 2014年05月18日

若さま包丁シリーズ第3弾.いよいよ将棋家との真剣勝負.しかも相手は当代一との評判.角之進は全身全霊を掛け大勝負に挑むが・・・.今回もしっかり人情話を噛ませてあるところがとても嬉しい.安心して読める一冊と言うのも悪くないですね.

このレビューは参考になりましたか?

若さま包丁人情駒 飛車角侍

Posted by ブクログ 2014年04月28日

若さま包丁シリーズ第二弾.旗本の三男坊.イケメンで剣と将棋がめっぽう強い,だけど料理の腕はまだまだ修行中の角之進,そして,その正体は将軍のご落胤.前作が面白かったので早速,購入.今作もやっぱり面白い.派手さはないけど,飽きのこない安心感がある.そして最後にはホロッとくる涙話と次巻を期待させる思わせぶ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?