なぜ又吉直樹は芥川賞をとったのか
なぜ小泉今日子は講談社エッセイ賞を受賞したのか
なぜビートたけしも太田光も「ネタ」として「直木賞」を狙っていると言うのか
1925年、芥川龍之介の1枚の写真が「作家=芸能人」と「文学賞」の歴史を宿命づけた
来年の芥川賞・直木賞は加藤ミリヤ、尾崎世界観、紗倉まな、あるいは星野源がとってもおかしくない!
文学賞80有余年「約束された」秘密の物語が今、ここに!

芸能人小説と文学賞には、似たところがあります。
はなから話題性を期待されていて、商業主義と結びつけて見られやすい。
また関係のない人たちから、雑多な意見や感想をぶつけられることなども、両者に共通した姿です。
注目を浴びるものなら必ず受けざるを得ない、一種の宿命かもしれません。
この二つが重なったとき、面白さが何倍にも膨れ上がる、ということを私たちに体感させてくれたのが、
二〇一五年七月、又吉直樹さんの芥川賞受賞でした。
(「はじめに」より)

≪目次≫
 第一章 現代の芸能人小説と文学賞事情
 第二章 芸能人の小説が、文学賞と出逢うまで
 第三章 俳優たちの文才が、文学賞を盛り上げる
 第四章 作家のタレント化と、タレントの作家化
 第五章 八〇年代に起きた大転換と大騒動
 第六章 ミュージシャンたちの多彩な文業
 第七章 文学賞に応募して小説の道に入る芸能人たち
 第八章 お笑い芸人たちの大躍進

ジャンル
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ワニの本
ページ数
292ページ
電子版発売日
2017年08月01日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

芸能人と文学賞 〈文豪アイドル〉芥川から〈文藝芸人〉又吉へ

Posted by ブクログ 2017年11月06日

芥川賞、直木賞を極めて野次馬的な視点で観察した文学賞とは。及び芸能人との関わり。
ふざけた文章が多いけど筆者は如何に文学が繁栄するかを第一義に考えているのは凄く判る。
又吉さんが芥川賞を獲り漫画「響」がヒットする。
いまほど芥川賞が身近に感じられる時代って無いのかも。
文学の才能って異才だけれど芸能...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?