妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL……。人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2017年08月04日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

アイネクライネナハトムジーク

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月05日

斉藤和義さんの紅盤を持ってて。
途中から、ベ リ ベ リストロ-ン♪てリズム刻む音がいつも聴こえてたw おっ文庫になった!とはわかってたけど恋愛要素強めな気分じゃなくてしばらく放置してた。
が!今がその時!
こういうのって読むタイミングもあると思う(伊坂さん的)
面白かった。フクザツなせいもある...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

Posted by ブクログ 2018年08月17日

伊坂幸太郎さんの本を始めて読みました。あとがきでご本人も仰ってましたが、恋愛物というのはなかなかないそうです。
リズムがあって、とても読みやすかったです。
『あのときの人』が、いくつも重なって『今の生きている世界』を物語っている内容です。
人はどこかしらで繋がっているんですね。

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

Posted by ブクログ 2018年08月14日

最初は「出会い」の話。
 システムエンジニアの佐藤とその先輩藤間、藤間はある日妻と子供に出て行かれ仕事中急に正気を失う。佐藤は驚き缶コーヒーをこぼしバックアップデータに支障をきたした。飛んだデータの回収の為仕方なく街頭に立ちアンケートをとる。そこでアンケートに答えてくれた彼女との出会い。
 佐藤の大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月10日

短編集とあったが、期待通りそれぞれが絡み合って繋がった。途中から登場人物が覚えきれなくなって、メモを取りながら読み進めたが、人物が出てくるたびに、この人はもしかしてあの時の…なんて、想像をしながら読んでしまった。
斉藤和義もよかった(^^)


アイネクライネ…藤間さんとその後輩佐藤
ライトヘビー…...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

Posted by ブクログ 2018年07月07日

Eine kleine Nachtmusik「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ドイツ語でEineは女性形の不定冠詞、kleineは「小さな」の意の形容詞kleinの女性形、Nachtmusikは、Nacht(夜)+Musik(音楽)の合成名詞で、「小さな夜の曲」という意味である。(wikiped...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

Posted by ブクログ 2018年06月30日

他の伊坂さんの作品とは違い、恋愛や出会いに関係する爽やかな短編。短編同士がちょっとずつつながりを持っていて、読みやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

Posted by ブクログ 2018年06月23日

伊坂さんにしては珍しい恋愛中心の短編集。
読みやすさは天下一品。
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」=「小夜曲」
ドイツ語で「ある 小さな 夜の曲」
初めて知ったわ。
クレーム客の撃退方法も、ユニークで好き。
伊坂作品の特徴でもあるけど、登場人物が、少しづつ繋がって関係しているのが、今回は特に心地...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

購入済み

メガロ坂幸太郎

vancute. 2018年06月10日

伊坂幸太郎には踊らされてるみたいだけど毎回生きててよかったなと読後思う。

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

Posted by ブクログ 2018年05月21日

面白かった!主人公達が皆気持ちの良い人達だったので、読んでいて楽しかった!今度はそれぞれの登場人物の相関図を作りながら読んで見たい!

このレビューは参考になりましたか?

アイネクライネナハトムジーク

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年05月14日

複数の人間の、人生を決める(多くの場合はパートナーとの)ターニングポイントにまつわる話を書いた作品でした。各人の人生は時代を跨いで交錯しており、「自分の人生が直接的・間接的に誰かに影響を与えているのかもしれない」、「影響を与えていたらいいな」と考える作品でした。またこの作品の特徴として、この作者には...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?