さっと読めるミニ書籍です(文章量12,000文字以上 13,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の24ページ程度)

【書籍説明】
近年、「コンプライアンス」すなわち法令遵守という言葉を聞く機会はとみに増えました。
法を遵守して活動することが企業のアピール材料として大きく用いられるようになったり、公共の場所での迷惑行為に対する取締りが厳格化していることなどからも、
社会におけるコンプライアンスに対する意識は従前に比べ明らかに高まっており、「法を学ぶ」ということの必要性・重要性もそれに応じて上がっているといえます。
しかし、大学で法学を専攻していたなどのバックグラウンドをお持ちでない方が「それなら勉強してみよう」と考えたところで、
具体的に何をするかについて的確な行動選択をすることはきわめて困難だといえます。
そこで、本書では、法学部を卒業し、現在法律関係の職務に従事している筆者の経験を交えつつ、社会生活を送るにあたって法を学ぶことのメリットや、
具体的な法の学び方についての意見をご紹介していきたいと思います。
本書を読まれた方が、本書の内容を参考に法を学び、コンプライアンス意識を向上させることによって、社会でより一層のご成功を収められることを切に願います。

【目次】
本書の構成
法を学ぶメリットその1・自分の身を守る行動選択が可能になる
法を学ぶメリットその2・対外的、対内的な信頼を醸成できる
法を学ぶメリットその3・社会的な要請に対しより強く合致した着想を得られる
何をもって「法を学んでいる」といえるか
法を学ぶために具体的に何をするべきか
法を学ぶ心構え・法に「正解」はない
どの科目から勉強するべきか
何を教材として勉強するべきか


【著者紹介】
fluorescent fox(フルーレセント・フォックス)
東京都出身。
国立大学の法学部を卒業した後、法律関係の職業に従事する。

ジャンル
出版社
まんがびと
電子版発売日
2017年08月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。