眠狂四郎孤剣五十三次(上)(新潮文庫)
作者名 :

1~2巻配信中

価格 853円 (税込)

水野越前守忠邦の側用人・武部仙十郎の密命により、徳川幕府に対する薩摩など西国十三藩の謀議を探るため東海道を西へ向う眠狂四郎。江戸日本橋で岸和田藩主の懐中より謀議の連判状をまきあげたのを皮切りに、五十三の宿駅ごとに待ち受ける各藩のさまざまな刺客と対峙しながら旅を続ける。赴くところ、襲い来る凶刃と上がる血煙! 各宿駅の風物・人情を背景に狂四郎の活躍を綴る快作。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2017年07月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 眠狂四郎孤剣五十三次(上)(新潮文庫)
    通常版 1巻 853円(税込)
    水野越前守忠邦の側用人・武部仙十郎の密命により、徳川幕府に対する薩摩など西国十三藩の謀議を探るため東海道を西へ向う眠狂四郎。江戸日本橋で岸和田藩主の懐中より謀議の連判状をまきあげたのを皮切り...
    カート

    試し読み

  • 眠狂四郎孤剣五十三次(下)(新潮文庫)
    通常版 2巻 853円(税込)
    幕府に対する西国十三藩の謀議を探る眠狂四郎の旅は、東海道のまん中の天竜川にさしかかる。敵の首領は、国禁の密貿易で巨富を得る薩摩藩の側用人・調所笑左衛門だった。調所が次々と送りこんで来る隼人隠...
    カート

    試し読み

眠狂四郎孤剣五十三次(下)(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2006年09月03日

西国13藩の追ってと手口がだんだん非情になってくる。
 島津藩の影と示現流が大ボス調所笑左衛門登場

このレビューは参考になりましたか?