国政選挙で常に700万票以上を獲得、強固な政治勢力である公明党。結党当初は、仏法民主主義など独自の主張をしたが、言論出版妨害事件を契機に方向転換する。1990年代には非自民連立政権、反自民の新進党にも参加した。だが99年に自民党の連立政権に参画。以後、右傾化を強める自民党に反発しつつも、歩みを一にする。本書は、巨大な支持母体・創価学会を背景に持つ特異な政党の軌跡を辿り、その構造にメスを入れる。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

公明党 創価学会と50年の軌跡

Posted by ブクログ 2017年08月23日

創価学会の文化部として誕生した公明党は2014年に結党から50年
を迎えた。本書は巨大な支持母体を持ち、政権与党に名を連ねる
公明党の50年の変遷を辿っている。

公明党本部でも党史を出版しているようだが、俯瞰した党史として
読むなら本書は良書だろう。

結党当初は創価学会の教えを反映して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

公明党 創価学会と50年の軌跡

Posted by ブクログ 2016年05月01日

今年ベスト5に入りそうな良書。公明党を扱う本なんて身内本と身内ダミー本(佐藤優)と誹謗中傷でほとんどな中で、まともに偏らず穏やかに、しかも新聞記者出身なのに取材秘話みたいなものにも頼らず、資料に依ってきちっと書いてある。過去はよかった最近はなんだ、という論調で、これが偏りなのか事実なのかはわからない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

公明党 創価学会と50年の軌跡

Posted by ブクログ 2017年02月14日

あるようで無かった公明党に関する分析本。結党から第2次安倍政権に至るまで、公明党と創価学会に関して分析を行っている。公明党がなぜ集票力が強いのかという点よりは、自民党を激しく批判する政党から、現在の連立政権の蜜月関係に何故変貌したのか、そのような変化をもたらした政界構造は何かという点に着目している。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

公明党 創価学会と50年の軌跡

Posted by ブクログ 2016年10月21日

巨大な支持母体・創価学会を背景に持つ特異な政党である公明党の軌跡を辿り、その構造にメスを入れている。
公明党の実像はなかなか見えにくいと感じていたが、本書を読んで、公明党発足の経緯やその変遷、特徴がよくわかった。まじめに「部分最適」を追求する政党だが、必ずしも「全体最適」にはつながっていないという指...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

公明党 創価学会と50年の軌跡

Posted by ブクログ 2017年01月08日

知っているつもりになることも、知らないのにおそれることも、違うと思って、あらためて知ろうとすると、とても興味深かったりする。

このレビューは参考になりましたか?

公明党 創価学会と50年の軌跡

Posted by ブクログ 2016年07月13日

 「公明党」は、単一の新興宗教団体に全面的に依拠しながら、長期にわたって安定した組織基盤を形成して、終始一定数の国会議員を有し続けているという点で、世界に類をみない特殊な(国際比較が不可能である)政党であるが故をもって、これまで政治学でも歴史学でもまともに研究対象とはなっていなかった(巻末の参照文献...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

公明党 創価学会と50年の軌跡

Posted by ブクログ 2016年05月19日

手堅い書き口。新しい情報や分析はないが、公明党、日本戦後政治の基礎文献ではあるだろう。最後の方に出てくる山口のインタビューで、ふと、確かに自民党は続くのだろうかと思った。

このレビューは参考になりましたか?