近年急速に注目を集めるESG(環境・社会・ガバナンス)経営
先進20社の事例に基づき、ESGへの取り組みがビジネスに役立つ具体例を詳しく解説

いま「環境経営」は「ESG経営」へと大きく進化しようとしています。
グローバル企業は従来の環境対策に加えて、
世界が抱える社会課題の解決や生物多様性に配慮した経営を強化しています。
投資家や金融機関も、ESGに優れた企業に投融資する動きを加速させています。

今後、日本企業もESG経営が求められるでしょう。
従来の環境対策やCSR活動に加えて、より一層の温暖化対策の推進、貧困や人口減少などの
社会課題解決、天然資源の持続可能性に配慮した調達などを進めなくてはなりません。

本書では、ESG経営のヒントになるケーススタディー集です。
環境・CSRの専門誌『日経エコロジー』の好評連載「ケーススタディ環境経営」から、
特に読者の反響が大きかった先進企業20社を紹介しています。
全事例とも、専門記者が経営者や環境・CSRの担当役員などの幹部取材と、
事業の現場に足を運んで取材して執筆しました。
巻末には「ESG経営を理解する最新キーワード15」を収録。

≪掲載企業一覧≫
コニカミノルタ/大日本印刷/デンソー/TOTO/大和ハウス工業
川崎重工業/積水ハウス/竹中工務店/清水建設/リコー
佐川急便/コマツ/積水化学工業/イオン/サントリーホールディングス
住友林業/三菱地所/日立造船/東レ/ヤマハ発動機

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年07月13日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。