超ユニークな水族館ガイドの登場です!

廃館寸前の水族館を独自の斬新な手法で蘇らせてきた水族館プロデューサーの著者。水族館について全てを知り尽くす著者が、数多ある水族館の中から30館を厳選し、その常識的な枠を超えた「展示」の本当の魅力や見所を紹介します。

斬新な発想力を持つ著者が自ら綴った紹介エッセイは、目からウロコの連続。地球と生き物の命、日本のアニミズム、弱点を武器にする方法などなど、水族館の楽しみ方、奥深さについて縦横無尽に綴ります。

また、全国各地の水族館を取り上げることによって、その地域ならではの特性や生きもの、自然について学べるのも本書の特長。好奇心を持つこと、学ぶことの本当の面白さを体験できます。

バブリングをするイルカ、癒しのクラゲ、愉快な海獣たち……水中世界の美しい写真(オールカラー)も必見! 絶体絶命のピンチのとき、癒されたいとき――生きる活力が湧いてくる水族館へぜひ行ってみませんか?

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

水族館哲学 人生が変わる30館

Posted by ブクログ 2018年03月30日

水族館プロデューサーが書いたユニークな水族館ガイド。
それぞれの水族館の哲学というか工夫や見どころが解説されていて、行ったことのある水族館でも新たな魅力を発見した。文庫本だが写真も豊富である。
ラストの項目が旭山動物園で、アザラシチューブの着想とそれを実現したスタッフの決断を賞賛していた。
水族館に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?