寿町四丁目にある通称<椿屋敷>。そこに住む柊一は、若くして隠居暮らしをしているため、若隠居と呼ばれている。そんな彼のもとに嫁いできた、19歳の香澄。しかしそこには秘密があった。ふたりは利害の一致から結婚した、偽装夫婦なのだ。町の相談役である柊一のもとには、たびたび近所から相談が持ち込まれるが――。「家」が語る、わけありな人々の物語。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年07月21日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~

Posted by ブクログ 2018年07月21日

ずっと気になっていた本です
続けて買うと決めました

出てくる人たちが(家も)
どこかいびつでも自分に正直であろうとするから
それを見守っていたい気分になりました

人の感情は揺さぶられても
そう簡単に方向転換できないから
ゆっくり無理のないように向きを変えていけばいい

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。3 ~椿屋敷の偽夫婦~

Posted by ブクログ 2018年07月27日

お兄さんこと晶紀と柊一のバチバチバトル勃発。
「不退転の覚悟です」って
めちゃくちゃかっこいいー。
すみれさんにもバレちゃったけどそれよりも偽装ではなくなってきて…!
もう本当にしちゃってほしい。

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月12日

訳あって契約結婚した二人が日々起きるちょっとした事件を解決したり、読み進めると結婚した理由がだんだんわかってきます。若いはずなのに老夫婦のような二人でこういう生活に憧れます。

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。2 ~椿屋敷の偽夫婦~

Posted by ブクログ 2018年07月10日

柊一と香澄のすれ違いな感じ、、
焦れったくて仕方ない。
椿に関する謎解きがなんとも素敵。
まさかの晶お兄ちゃんとの三角関係。

弟の檀も複雑な片想い中。

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~

Posted by ブクログ 2018年07月04日

語り手が椿屋敷ってところが秀逸。
お話しが結構好みですぐ読み進められた。
2人のもどかしさが堪らない。
一気にこのまま三巻まで。

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。2 ~椿屋敷の偽夫婦~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月23日

家目線で語られる珍しい物語。椿屋敷に住む夫婦は偽装結婚です。お互いの利害が一致して契約したのに、一緒にいるうちに完全に絆されております。もうこのまま普通に夫婦になってしまえ。周囲のキャラも1巻より優しくなり、ちょっと気になっていたギスギス感がなくなって面白くなってきました。椿屋敷は男性のようだけど、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。2 ~椿屋敷の偽夫婦~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月03日

積ん読がたまっていて遅くなりました。この夫婦、見ていて段々痒くなって来ました。双方一方通行の無自覚両想いってレベルが上がると、無理矢理くっつけたくなります。二人きりで夫婦として同居しても駄目ってことは薬でも盛らないと駄目か。

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。2 ~椿屋敷の偽夫婦~

Posted by ブクログ 2017年11月22日

今回も可愛らしい。
自分の気持ちに一向に気づけない柊一が可愛すぎる。
気づかないながらも、晶紀さんに「渡さない」とか言っちゃって。言った後に自分である疑問に思うって!
この本を読むと、丁寧に掃除してご作ってという当たり前の暮らしがとても大事だなとなぜか思わさせる。
読んでいて心地よい。

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~

Posted by ブクログ 2017年08月07日

あまり期待してなかったけど、とても良かった。
家視点というのが、斬新だし偏ってなくてよい。
椿にこんなに種類があるのかとびっくり。
ほっこりしするしサクッと読める。

このレビューは参考になりましたか?

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~

Posted by ブクログ 2017年07月26日

まさかの家視点で、見たときはこんな書き方があるのかーと不思議な感覚でした。今までとは少し違うほっこりとしたお話でした。

このレビューは参考になりましたか?