ぐるぐる博物館

ぐるぐる博物館

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

好奇心とユーモア全開の、胸躍るルポエッセイ! 人類史の最先端から秘宝館まで、個性あふれる博物館を探検! 好奇心とユーモア全開の愉快なルポエッセイ。博物館が大好きな著者が、興味のおもむくまま、全国のおもしろそうな博物館を訪問。まじめに、ときに妄想を膨らませつつ、お宝や珍品に迫ります。「なぜ、こんなにたくさん集めなすった!?」という著者の素朴な疑問に答えてくれるのは、慎み深くも超キャラ立ちした学芸員さんたち。話はついつい脱線し――。人類史、鉱物、漫画、SM、服飾、地場産業、伝統工芸etc、さまざまな世界の魅力を、著者の視点を通じて愉快に楽しめます。カラー写真も多数収録。実業之日本社創業120周年記念作品。【◎この本でぐるぐる旅した博物館】茅野市尖石縄文考古館(長野)、国立科学博物館(東京)、龍谷ミュージアム(京都)、奇石博物館(静岡)、大牟田市石炭産業科学館(福岡)、雲仙岳災害記念館(長崎)、石ノ森萬画館(宮城)、風俗資料館(東京)、めがねミュージアム(福井)、ボタンの博物館(大阪)、書き下ろし「ぐるぐる寄り道編」熱海秘宝館/日本製紙石巻工場/岩野市兵衛さん。「人間って不思議だ。なぜ、こんなに知りたいんだろう。なぜ、こんなにもなにかを愛し探究するひとがいるんだろう。その不思議がつまっているのが、博物館だ。だから、博物館が大好きだ」(あとがきより)

ジャンル
出版社
実業之日本社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

ぐるぐる博物館 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月26日

     三浦しをんさんが,日本のいろいろな博物館を見に行き,それをレポートした本。
     10の博物館と,おまけとして3館について紹介。

     博物館というと,お堅いイメージもあるが,お堅いものだけでなく,面白いもの,ゆるいもの,ニッチなもの,地元の人達とのふれあいも感じられるものと様々である。
     それが,三浦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月11日

    はあああああ面白かったあああ
    元々美術館とか博物館とか大好きなので、それをしをん先生の語り口で魅力を知れるなんて幸せ❤️

    鯖江のめがねミュージアム行ってみたいなぁ
    ボタンの博物館は東京に移転したのかな?調べてみて東京にあるなら今度行ってみようっと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    『舟を編む』『風が強く吹いている』に続いて、しをんさんのエッセイ初読。アラフォーオタク女子の視点がナイス。博物館は運営者の愛と情熱で成り立っているなんでもありのワンダーランド。美術館とは大きく異なる。日本国内だけでもこれだけのバラエティに富んだ博物館があっていろいろな博物館に行ってみたくなる。そこで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月24日

    各地にある色々な種類の博物館を紹介した本です。博物館好きにはたまらん内容で、さらに笑いと感動もアリ。もちろん考えさせられる場所もありで、全ての博物館に行きたくなること請け合い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    『博物館が好きだ。旅先で博物館を発見したら、とりあえず入ってみる。』と言う三浦さん。これはそんな三浦さんと巡る日本各地の博物館を舞台にしたエッセイです。う〜ん、博物館って前に行ったのいつだっけ?どこ行ったっけ?と正直なところ全く思い出せない位に私にとっては全く縁のない場所、博物館。名前に惹かれて手に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月22日

    三浦しをんさんの本を読みたくて探した本。
    しをんさん目線の博物館めぐり。めぐるのが楽しそうなのが、読んでるこちらにも伝わってくる。
    私が行ってみたいのは、萬画館とか尖石かな。しをんさんほどの興奮が味わえるかはわからないけど(笑)雲仙も一度は見てみたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月18日

    この中でいったことあるの親玉(科博)のみだけど、ミュージアムおもしろいよね!
    龍谷ミュージアムは行ってみたいなぁ。
    奇石も気になる、アクセス的に行くことなさそうなのが残念だ。
    雲仙はいつか訪ねたいなと思う。
    阪神大震災の記念館もいかないとな。人と防災未来センターね。

    秘宝館は気になるよね~。アムス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月13日

    博物館が大好きだ!
    上野の国立博物館、科学博物館などは何度行ったかわからない。
    科学技術館、ガス、船......。
    どこも夢中になったのを覚えている。
    しかし本書で扱われている十館のうち、私はまだ一館しか行ったことがない。
    まだまだ知らない場所だらけ、ぜひ行きたい!
    行くまで死ねない!(は大げさ)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月20日

    これは楽しい。しをんちゃんが(友だちでもないのに失礼かもしれないが、なぜかちゃんづけしたくなるのよね)あちこちの博物館を取材したルポ。目次を見た段階では「へぇ、そんな博物館があるの」くらいの感じで、さして興味をひかれなかったのに、読んでいくうちに「これは行きたい!あ、ここも!」とどんどん楽しくなって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月05日

    博物館や美術館は、
    自分でぐるっと回ってしまえば
    あっという間に終わってしまうが、
    きちんと説明を聞きながら回れば
    本当に楽しめるのだと思う。

    三浦さんも面白いが、
    それぞれの博物館の学芸員さんの愛がすごい!
    この人達の話ならぜひ聞いてみたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています