左京区桃栗坂上ル

左京区桃栗坂上ル

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ときめく「左京区」。誰もが恋したくなる!

舞台は京都、主人公は不器用な理系男子たち――。
みずみずしい恋愛もようで人気の「左京区」シリーズ、5年ぶりの新作。

父親の仕事の都合で引っ越してばかりだった璃子は、4歳の時、引っ越し先の奈良で果菜と出会う。
二人はすぐに仲良くなって、八百屋を営む果菜の家で毎日のように遊んだ。それに時々つき合ってくれたのが、果菜の兄だった。

幼い璃子は、ある日こんなことを言った。
「わたし、お兄ちゃんのおよめさんになる」

やがて璃子は埼玉へ引っ越し、果菜たちと離ればなれになるのだが、高校進学のタイミングで大阪へ来て、再会を果たす。

璃子はそれから「お兄ちゃん」のいる大学へ進学。
4回生になった兄は、大学院進学をひかえて研究に追われていた。

穏やかな学生生活が続いていたが、ある秋晴れの日、二人にとって大きな事件が起きる。

『左京区七夕通東入ル』『左京区恋月橋渡ル』につづく5年ぶりの「左京区」シリーズ、愛があふれる最高傑作。乞うご一読!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
ページ数
336ページ
電子版発売日
2017年07月21日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

左京区桃栗坂上ル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年12月24日

    仲良し理系3人組の最後の1人、安藤くんのストーリー。7歳の時、3つ年下の妹に出来た親友、璃子ちゃん。お兄ちゃんと慕われ、妹のような存在だった。間も無く璃子の引越しで離れるが、その後も妹とは親友として親交は続く。同じ大学に入学した璃子との関係が、いつお兄ちゃんから彼氏となるのか?おっとりした2人が爽や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月05日

    何て温かくてピュアな物語なんだろう♪
    左京区シリーズでお馴染みの理系男子三人。理学部たっくん、工学部山根くんに続く農学部安藤くんの恋のお話。
    父の転勤で京都を離れた璃子は高校生になり今度は大阪へ引越し、幼馴染みの兄である“おにいちゃん”安藤くんと再会。

    穏やかに静かにゆっくりと二人の距離がちぢまり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    「桃栗三年、柿八年」
    「おいしい実を食べたいなら、じっくり時間をかけて育ててやらなあかん」
    一目惚れの運命的な恋もいいけれど、長い時間をかけて育んだ愛には格別な美しさがある。

    璃子が4歳の時、カラスに襲われそうになったところを安藤に助けられ、「お兄ちゃんのおよめさんになる」と言ったところが始まりだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月06日

    左京区シリーズ第三弾。
    第一弾、七夕通東入ルは龍彦と花ちゃん
    第二弾、恋月橋渡ルは山根君と美月さん
    で、第三弾、桃栗坂上ルは安藤と璃子ちゃん。
    いかにも京大、いかにも理系院生の感じがよく出てる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月26日

     いやーここへ来て、このシリーズが続き物であったことに気づく。
     「世界観・雰囲気」は、ずっと不変ながら。
     

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月14日

    まいど、「森見登美彦」の女版小説のような感じですが、そこを気にしなかったら面白いです。
    表紙の「お兄ちゃん」は、もうちょっとイケてない感じにして欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月29日

    シリーズだけど、このお話から読んでも大丈夫です。理系の大学生って、ほんとに忙しくて大変そう!

    前作のシリーズも読み返したくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月23日

    久々の左京区。別シリーズかと思ったら繋がった。理系男女のほんわか恋愛が可愛らしい。前の2作も読み返したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月10日

    楽しみにしていたこのシリーズ。
    誰のお話がわからず、もやもやしながら読んだらなんと安藤くんのお話ではないか!!
    狂喜乱舞するも読み進めると、別人みたいで戸惑う。
    安藤くんってこんなだっけと思い、途中で七夕通りを読んでしまうほど。
    安藤くんの視点とハナちゃんや山根くん視点からの安藤くんにはだいぶ違うと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月14日

    京都を舞台にした恋愛シリーズ最新作。ある意味純粋で一途な恋愛が微笑ましく癒してくれる。大学時代を懐かしく思いながら読んだ。ほっこりした気持ちにさせてくれる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています