満月の泥枕(毎日新聞出版)

満月の泥枕(毎日新聞出版)

作者名 :
通常価格 1,399円 (税込)
紙の本 [参考] 1,836円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

生の悲哀、人の優しさが沁みわたる、人情ミステリーの傑作。娘を失った二美男と母親に捨てられた汐子は、貧乏アパートでその日暮らしの生活を送る。このアパートの住人は、訳アリ人間ばかりだ。二美男はある人物から、公園の池に沈む死体を探してほしいと頼まれる。大金に目がくらみ無謀な企てを実行するが、実際、池からとんでもないものが見つかった! その結果、二美男たちは、不可解な事件に巻き込まれていくことになる……。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
毎日新聞出版
ページ数
440ページ
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月08日

ドタバタに話が進んでいく中にもシリアスさがちりばめられている。
みんな、いろいろな想いを抱えて生きている。
ドタバタが続くなあ、と思っていたら急に終章へ。
終章はグッとくる。ベタな展開なんだけど。
さすがの文章だなあ。
題名はなんでだろう??って思っていて、キーワードはちょいちょい出てきたけど、それ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月17日

あんなに辛い出来事があったのに、明るい主人公。
私の脳内では主人公はムロツヨシで再生されてました(笑)
池の骸骨まわりのテンポの良いあたりは、映像化したところを見てみたい!アパートの濃い住人たちのやり取りが楽しすぎて良かった。鉱物記念館のあたりはちょっと長かったけど。
オチは、そうかもと思ったけどそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月06日

どこか陰がある登場人物たち。ギリギリ普通の人々が集まっているコミュニティで、それなりにドタバタな展開で物語が進む。最後は意外な結末で・・・。道尾氏の著作でよくあるパターンの展開なのだが、今回は驚きよりも人情味溢れる人々の言動にホロリときた。個々はろくでなしかもしれないが、あの人々の輪の中には入りたい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月22日

伊坂幸太郎っぽい。面白いからいいのかな。
色々便利な世の中に変わっても、家族の物語は変わらずあったかくてよいですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月06日

そこまでのどんでん返しでは無いかなと思うけど、心がほっこりなる内容でした。個々のキャラが良かった。個人的には、菜々子さんが大活躍すぎて、主人公とくっついたり、ビックリな過去とかあるのかと思ったけど。汐子ちゃんが愛おしいです。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play