実務家必携・改正民法の実務のポイント早わかり!
1896年に産声を上げた民法。成立から約120年を経て初の大改正が
行われました。
本書ではその改正部分に的を絞り、実務に直接影響する部分、
影響しない部分をわかりやすく解説しています。
旧法からの改正点についてまずポイントをまとめ、その改正の意義、
審議過程で問題になったこと、条文の解釈の仕方など、その背景までを
含めて、できるだけ平易な言葉で解説しています。
わかりにくい契約・債権については、図表を多く用いて説明しているので、
法律書を読み慣れていない方でも本書の内容をすぐに実務に生かすことが
可能です。
【こんな方にお勧めします】
・弁護士、税理士、公認会計士等の士業の皆さん
・企業の法務、総務、経理担当者の皆さん
【目次】
第1章 平成29年改正民法成立の経緯と全体像
第2章 民法総則に関する見直し事項
第3章 債権総則に関する見直し事項(解除・契約上の地位の移転を含む)
第4章 契約に関する見直し事項
第5章 施行時期・改正民法の施行前後の留意事項
※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

ジャンル
出版社
翔泳社
ページ数
268ページ
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。