祝言島

祝言島

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「消された島」をめぐる超弩級イヤミス!

 東京オリンピック前夜の1964(昭和39)年、小笠原諸島にあった「祝言島」が噴火し、生き残った島民は青山の仮設住宅に避難した。しかし後年、祝言島は“なかったこと”にされ、ネット上でも都市伝説になった。一方で、祝言島を撮ったドキュメンタリー映画が存在し、ノーカット版には恐ろしい映像が含まれていた。
 2006年12月1日、東京で3人の人物が連続して殺され、未解決となっている「十二月一日連続殺人事件」。無関係と思われる3人の共通点が「祝言島」だった。半世紀を経て、“消された島”の禍々しい歴史が暴かれる――!!!

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
352ページ
電子版発売日
2017年07月26日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2017年09月16日

    ひぇぇぇー。ってなった、文字通り、声をあげたくなるほど。ごちゃごちゃしていてこんがらがりすぎていてなんども登場人物のページを見たほどに。イヤミスの女王感満載。かなりイヤな作品。怖さはない、不快感だけ。充分すぎるわ。
    祝言島、と思わずGoogle検索してウィキペディアを探したくなります。
    (実際検索す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月15日

    2006年12月1日東京で3人の人物が殺され、未解決となっている「12月1日連続殺人事件」。無関係にみえる3人の被害者の共通点が“祝言島”だった。東京オリンピック前夜の1964年、小笠原諸島にある「祝言島」の火山が噴火し、生き残った島民は青山のアパートに避難した。しかし後年、祝言島は“なかったこと”...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月13日

    いや~!またまたきました!イヤミスの女王・真梨幸子!!ww

    湊かなえさんの方がイヤミスの女王としては知名度が高いかもですが、ブレないという意味ではやはり真梨幸子さんに軍配をあげたいtantanですw

    小笠原諸島にあった「祝言島」。
    しかし後年、祝言島は”なかったこと”にされ、ネット上でも都市伝説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月28日

    年内最後の肝冷え読書。
    著者特有のねっとりしたエロさとエグさに、都市伝説に迫るゾクゾク感が加わった。悲痛なプロローグから一気に本の世界に没頭。未解決の連続殺人事件を絡め、不気味な謎に包まれた「祝言島」というキーワードを巡る人間模様が複雑に渦巻く。緊張感溢れるドキドキは最後まで途切れることなく続いたが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月22日

    いつも通り、特に中盤からは怒涛の一気読みでした。

    最後、謎が解けてきたのに最後の最後によくわからなくなりもう一度読み返すべき?と思っているところです。

    登場した人達が、最後までちゃんと意味があるのがすごいなと思いました。
    真梨さんの作品で読み終えた物の中では、私は少し物足りなかった感じでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月20日

    祝言島という歴史から消された島。トンネルの先は地図には載っていない祝言島の元住人が住まう怪しいぼろアパート…なんて興味惹かれるシチュエーション。その祝言島のドキュメンタリー映画というのは、なんとなく放送禁止シリーズみたいな感じかなと想像した。時系列もバラバラな物語が一体どう終結するのか、気になって一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月05日

    今はない島、それが祝言島。
    その島は本当にあったのか。
    あったとしたら、その麗しき島の名の下で、何が行われていたのか。
    虚実交じり合いながら、一本のドキュメンタリーを読者は体験して行く。

    寿ぐような名称とは裏腹に、この島の過去は忌まわしいもので満ち溢れている。
    この物語は、他人を思い通りにしたいと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月03日

    〝祝言島〟に関わる事柄や人々の物語。

    登場人物が親子関係だったり二重人格だったり複雑で途中よく分からなくなった。

    ロボトミー手術については少し興味深かったけど、やはり全体的に浅い感じがしてしまう。
    私は何故、真梨幸子の本を読んでしまうんだろう?
    自分でもよく分からない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月17日

    え、どうなってるの?
    二重人格の人が複数いると混乱してしまうなぁ。それぞれが他人だと思って行動しているのだから、これまたわかりにくくなる原因かも。
    思い込みが激しいとろくなことにはならないということかしら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月24日

    相関図を書きながら読んだ。それでだいぶすっきり分かった。もっと祝言島での恐ろしい出来事も読みたかった。
    あんまり重要そうでない人も、最後にはピタッとハマるのはさずが。やっぱり相関図は必要。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています