星へ行く船5 そして、星へ行く船

星へ行く船5 そして、星へ行く船

作者名 :
通常価格 1,375円 (1,250円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

憧れの女性・レイディに拉致されてしまった、あゆみ。〈ある仕事〉をお願いしたいと持ちかけられる。その仕事内容は魅力的だが、あまりにも理不尽な内容で……そのうえ仕事を断る拒否権もなくて――!?表題作ほか、後日譚を描いた「α(アルファ)だより」、あゆみの愛猫バタカップを主人公にした書き下ろし短編「バタカップの幸福」を併録。新あとがきを併録。新井素子の人気シリーズ「星へ行く船」、新装・完全版全5巻、堂々完結!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
出版芸術社
ページ数
432ページ
電子版発売日
2017年11月24日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

星へ行く船5 そして、星へ行く船 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月19日

    ついに、シリーズ5作品を読み終えました。森村あゆみは銀河連邦から極秘任務を依頼される。あゆみが持つ特殊能力に期待を込められて。しかし、その依頼を受けると太一郎に一生会えなくなる恐れもある。そんな状況での本作のあゆみの心情描写は、他の作品より重要度が高くなり、これまでのほんわかした雰囲気を壊し、シリア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月26日

    ラストを知っているからこそ、楽しめる太一郎さんの発言たち。そして数年ぶりに読んだラストシーンはやっぱり最高でした。
    「αだより」読めてよかった!太一郎さんの照れまくりがとてもいい。今どきこんな純情な小説あるのだろうか。今の若者に読んでもらいたい…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月16日

     完全版、星へ行く船シリーズの完結編。
    分厚くて、あゆみちゃんの苦悩と決断と成長と、そしてー。
    いろんなものがぎゅうぎゅうに詰まってる感じがする。

     うーん、こんなお話だっただろうか。
    っていうのは、こんなにあゆみちゃんと太一郎さんのベタ甘なシーンって、あったんだっけ?
    (正確には、αだよりの中に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月13日

    届いた。読んだ。
    といっても、最後のやつ、二つ。
    やっぱりしっくりなじみます。
    世代、でしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月10日

    前作に引き続いて…。

    銀河連邦にたった一人のESP能力を
    活かして、初めて接触した他宇宙の
    知的生命体と、善意ある意思疎通をしてくれ。

    そんな依頼を受けた、森村あゆみ。

    彼女の能力は…?
    彼女の出した回答は?

    そして、太一郎との恋の行方は?

    話の大筋は、コバルト版と変わりません。
    でも、こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月14日

    "あたしがここにきたがっていた。何でだか判らないけど、そう、確かに、あたしはここに来たくてしょうがなかったんだ。ここへ来てーーそして、ピンクの空と、ちいさなおひさまを見て……。
    ……そうか……そうだ。
    あたしはそっと両手をまわして、自分で自分の体を抱いてあげた。ゆっくりと、優しく、ありった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月05日

    おそらくファーストコンタクトに分類されるSFで、相手となる異星人が登場しない希有な作品なんではないだろうか。ほぼあゆみちゃんの心理的葛藤だけで1冊書ききってしまうあたりが新井素子だなぁ。
    今回のシリーズには各巻に短編が1つ追加されていますが、この巻のバタカップ編が最高じゃないだろうか。
    あと、ここま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    シリーズ最終巻

    あゆみちゃんに感じたイライラは彼女の超能力のせいとわかっても、それをなかなか受け入れられない彼女に歯がゆさを感じてしまう

    最終的に自分自身を受け入れて新しい旅立ちへ向かう少し切ないラスト

    水沢事務所の人達の暖かさに涙

    祈りが届いて早く火星に戻ってみんなに会えるといいね...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

星へ行く船 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 星へ行く船1 星へ行く船
    新井素子の人気シリーズを新装・完全版として刊行スタート! 森村あゆみ、19歳。〈ちょっとした事情〉で地球を捨て、火星へ家出中。 宇宙船に乗って無事に地球から出航したと思ったら、怪しげな男たちと同室になってしまい、やっかいな事件に巻き込まれて――!? 表題作ほか、きりん草とそれに関わる人たちを描いた「雨の降る星 遠い夢」、水沢総合事務所へあゆみが就職する前のエピソードを描いた書き下ろ...
  • 星へ行く船2 通りすがりのレイディ
    新井素子の人気シリーズ第2弾。 火星にある水沢総合事務所を舞台に、サブキャラクターも増え、ますますパワーアップした人気シリーズ第2弾。 「通称・やっかいごとよろず引き受け業事務所」に就職した、あゆみ。〈やっかいごと〉解決のプロとなるべく修行中! 警察でも守れないほどのもの凄いことをする予定の女の子をボディガードせよ――という謎の依頼が来るが……表題作ほか、事務所の一員・情報屋の中谷...
  • 星へ行く船3 カレンダー・ガール
    通称・やっかいごとよろず引き受け業――火星の水沢総合事務所で働く、あゆみ。 水沢所長と先輩の麻子さんの結婚パーティーが行なわれ、1ヵ月の新婚旅行に出かけた2人。 今頃は旅行を楽しんでいるだろうと事務所のメンバー一同安堵していたところに、麻子さんが誘拐されたとの緊急連絡が入る。慌てて2人が乗る宇宙船を追いかけたあゆみと太一郎だったが……表題作ほか、事務所の最年長・熊さんが転職する前...
  • 星へ行く船4 逆恨みのネメシス
    “森村あゆみ様 私はあなたが嫌いです。”とだけ書かれた差し出し人なしの手紙が届き、落ち込むあゆみ。溜息ばかりついているあゆみを心配し、太一郎が近所のレストランへ連れ出す。太一郎が席を外した隙に知らないおじいさんが近づいてきて――!? 今回も個性豊かなキャラクターたちが活躍する表題作ほか、太一郎の事故後のエピソードを描いた書き下ろし「田崎麻子の特技」、新あとがきを併録。新井素子の...
  • 星へ行く船5 そして、星へ行く船
    憧れの女性・レイディに拉致されてしまった、あゆみ。〈ある仕事〉をお願いしたいと持ちかけられる。その仕事内容は魅力的だが、あまりにも理不尽な内容で……そのうえ仕事を断る拒否権もなくて――!?表題作ほか、後日譚を描いた「α(アルファ)だより」、あゆみの愛猫バタカップを主人公にした書き下ろし短編「バタカップの幸福」を併録。新あとがきを併録。新井素子の人気シリーズ「星へ行く船」、新装・完...
  • 星へ行く船6 星から来た船 上
    田崎麻子の恋人で、火星の探偵事務所の所長、水沢良行は、ひどく取り乱していた。きけば、20年前に生き別れた日の弟が、突然、火星にやってくるのだという。彼の名は、山崎太一郎。さぁ、トラブルのはじまり、はじまり。――大人気!「星へ行く船」シリーズの番外編が新装完全版で登場! 表題作ほか、16歳だった頃の太一郎の様子がうかがえる書き下ろし短編「行ってらっしゃいませ」と新あとがきを収録。
  • 星へ行く船7 星から来た船 中
    迷子の女の子を家族の元に届けるべく土星に向かった真樹子と太一郎。しかし、火星で女の子の母親との接触に成功した所長と麻子もまた、真相を知るなり急ぎ土星へ。なんともおさわがせな展開で!?――新装完全版「星へ行く船」シリーズ番外編第2巻は、表題作のほか、太一郎と所長の意外な(でもない)弱点が痛快な書き下ろし短編「おうちでごはん」、新あとがきを収録。
  • 星へ行く船8 星から来た船 下
    迷子の赤ちゃんこと祥子ちゃんと、その祖父母夫妻が宙港を占拠したテロリストの人質に! 現場に急行する太一郎と所長。そして、何やら物騒なものを抱えて潜入を試みる真樹子と、それに触発され理性の意図が一本切れた麻子。ところが、テロリストたちの事情を知ると……。表題作ほか、この物語のその後のその後、『そして、星へ行く船』から18年後のある日を描いた書き下ろし短編「お帰りなさい」も乞御期待...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

星へ行く船 に関連する特集・キャンペーン