星へ行く船1 星へ行く船

星へ行く船1 星へ行く船

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
紙の本 [参考] 1,512円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新井素子の人気シリーズを新装・完全版として刊行スタート!
森村あゆみ、19歳。〈ちょっとした事情〉で地球を捨て、火星へ家出中。
宇宙船に乗って無事に地球から出航したと思ったら、怪しげな男たちと同室になってしまい、やっかいな事件に巻き込まれて――!? 表題作ほか、きりん草とそれに関わる人たちを描いた「雨の降る星 遠い夢」、水沢総合事務所へあゆみが就職する前のエピソードを描いた書き下ろし「水沢良行の決断」、新あとがきを併録。

ジャンル
出版社
出版芸術社
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年06月30日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年01月15日

本作を最初に読んだのは約30年前のこと。それ以来、ストーリーは忘れていたけれど、作品の存在は覚えていた。印象に残っているのは、主人公の森村あゆみのキャラクタだ。快活で女の子らしくて、もしかすると当時の私の理想の女性だったのかもしれない。当時の私にとっても、森村あゆみは歳上のお姉さん。今となっては娘(...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月08日

高校生の頃に読んで以来だったけど、今読んでもかなりハマる。昔読んだときはあまり気にしてなかったけど、太一郎さんてかなり背が低いんだなぁということにびっくりした…でも、やっぱりかっこいい!そして名言多い。思えば私のSF好きとラブコメ好きはここが原点かもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月18日

新井素子さんの代表作とも言えるコバルト文庫版「星へ行く船」シリーズのリメイク版。所々、今は無いものを現代風にアレンジし、違和感ないように修正しています。例えば「カセットテープ→コンパクトディスク」のように。素子さんファンのお楽しみ「あとがき」もリメイク版用に書かれています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月01日

あぁ〜〜〜懐かしい❤︎
大好きなシリーズです!
読み返してみると(平成版のようですが)そうだった!と色々思い出しました。
最終巻は哀しかったですが…続きの発売が楽しみです!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月11日

《献本で頂きました!》

いやぁ……久しぶりの新井素子。久しぶりのあゆみちゃんと太一郎さん。
冒頭を読んで、「あー!そうそう!こんな始まりだったー!」と懐かしくなりました。
そういえば最初はあゆみちゃん、十代やったんですね(笑)ラストを知ってるだけに19歳のあゆみちゃん新鮮。

そして、きりん走のお...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「星へ行く船」に関連する特集・キャンペーン