星へ行く船1 星へ行く船

星へ行く船1 星へ行く船

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

新井素子の人気シリーズを新装・完全版として刊行スタート!
森村あゆみ、19歳。〈ちょっとした事情〉で地球を捨て、火星へ家出中。
宇宙船に乗って無事に地球から出航したと思ったら、怪しげな男たちと同室になってしまい、やっかいな事件に巻き込まれて――!? 表題作ほか、きりん草とそれに関わる人たちを描いた「雨の降る星 遠い夢」、水沢総合事務所へあゆみが就職する前のエピソードを描いた書き下ろし「水沢良行の決断」、新あとがきを併録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
出版芸術社
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年06月30日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

星へ行く船1 星へ行く船 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月15日

    本作を最初に読んだのは約30年前のこと。それ以来、ストーリーは忘れていたけれど、作品の存在は覚えていた。印象に残っているのは、主人公の森村あゆみのキャラクタだ。快活で女の子らしくて、もしかすると当時の私の理想の女性だったのかもしれない。当時の私にとっても、森村あゆみは歳上のお姉さん。今となっては娘(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

    新井素子さんの代表作とも言えるコバルト文庫版「星へ行く船」シリーズのリメイク版。所々、今は無いものを現代風にアレンジし、違和感ないように修正しています。例えば「カセットテープ→コンパクトディスク」のように。素子さんファンのお楽しみ「あとがき」もリメイク版用に書かれています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月08日

    高校生の頃に読んで以来だったけど、今読んでもかなりハマる。昔読んだときはあまり気にしてなかったけど、太一郎さんてかなり背が低いんだなぁということにびっくりした…でも、やっぱりかっこいい!そして名言多い。思えば私のSF好きとラブコメ好きはここが原点かもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月01日

    あぁ〜〜〜懐かしい❤︎
    大好きなシリーズです!
    読み返してみると(平成版のようですが)そうだった!と色々思い出しました。
    最終巻は哀しかったですが…続きの発売が楽しみです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月11日

    《献本で頂きました!》

    いやぁ……久しぶりの新井素子。久しぶりのあゆみちゃんと太一郎さん。
    冒頭を読んで、「あー!そうそう!こんな始まりだったー!」と懐かしくなりました。
    そういえば最初はあゆみちゃん、十代やったんですね(笑)ラストを知ってるだけに19歳のあゆみちゃん新鮮。

    そして、きりん走のお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    懐かしくて、自分を形作ったものの一つだなと再確認。
    バタカップ拾ったんだとか、水沢総合事務所に就職できた理由とかが分かって面白かった。
    はまっていた時期からもう30年ぐらい経つから、今の自分にはどうだろうなと不安もあったけれど、そんなことなくて一安心。
    あとがきまで堪能しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    ほんとうに懐かしく読みました。私が中学生の時が初見です。(あぁ年がばれる??)ここからSFの世界にはまったといっても過言ではありません。
    太一郎さん、お久しぶりです。たしか声優の広川太一郎さんから名前をとったんでしたよね?そんなことばかり覚えてます。
    新井素子さんの小説はお話の終わりに〈Fin〉って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月08日

    子供の頃に夢中で読んで、胸がドキドキした作品。
    今回、決定版として発売されると知り、本当に楽しみで購入しました。
    やはり、色褪せない。
    相変わらずドキドキさせられた。
    私はすぐに小説の内容を忘れてしまうけど、このシリーズのことはめちゃくちゃ覚えてる。
    それでもとても楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月25日

     中学生の頃、ピアノの先生が譲ってくれた『くますけと一緒に』。どんどん頁をめくって、何度も読んで、ふと、「もっとこの人の本が読みたい!」とまだ定額ではなかったお小遣いをうまーくやりくりして買い揃えた新井素子さんの本。まだまだ中学生だった私には、『星へ行く船』『ブラックキャット』等々、コバルト文庫が一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月13日

    懐かしいですねー。このシリーズは、たぶん私が小学生の頃、初めて読んだ文庫本かも知れません。当時、太一郎さんに憧れたのを覚えています。今でも実家の何処かにあると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

星へ行く船 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 星へ行く船1 星へ行く船
    新井素子の人気シリーズを新装・完全版として刊行スタート! 森村あゆみ、19歳。〈ちょっとした事情〉で地球を捨て、火星へ家出中。 宇宙船に乗って無事に地球から出航したと思ったら、怪しげな男たちと同室になってしまい、やっかいな事件に巻き込まれて――!? 表題作ほか、きりん草とそれに関わる人たちを描いた「雨の降る星 遠い夢」、水沢総合事務所へあゆみが就職する前のエピソードを描いた書き下ろ...
  • 星へ行く船2 通りすがりのレイディ
    新井素子の人気シリーズ第2弾。 火星にある水沢総合事務所を舞台に、サブキャラクターも増え、ますますパワーアップした人気シリーズ第2弾。 「通称・やっかいごとよろず引き受け業事務所」に就職した、あゆみ。〈やっかいごと〉解決のプロとなるべく修行中! 警察でも守れないほどのもの凄いことをする予定の女の子をボディガードせよ――という謎の依頼が来るが……表題作ほか、事務所の一員・情報屋の中谷...
  • 星へ行く船3 カレンダー・ガール
    通称・やっかいごとよろず引き受け業――火星の水沢総合事務所で働く、あゆみ。 水沢所長と先輩の麻子さんの結婚パーティーが行なわれ、1ヵ月の新婚旅行に出かけた2人。 今頃は旅行を楽しんでいるだろうと事務所のメンバー一同安堵していたところに、麻子さんが誘拐されたとの緊急連絡が入る。慌てて2人が乗る宇宙船を追いかけたあゆみと太一郎だったが……表題作ほか、事務所の最年長・熊さんが転職する前...
  • 星へ行く船4 逆恨みのネメシス
    “森村あゆみ様 私はあなたが嫌いです。”とだけ書かれた差し出し人なしの手紙が届き、落ち込むあゆみ。溜息ばかりついているあゆみを心配し、太一郎が近所のレストランへ連れ出す。太一郎が席を外した隙に知らないおじいさんが近づいてきて――!? 今回も個性豊かなキャラクターたちが活躍する表題作ほか、太一郎の事故後のエピソードを描いた書き下ろし「田崎麻子の特技」、新あとがきを併録。新井素子の...
  • 星へ行く船5 そして、星へ行く船
    憧れの女性・レイディに拉致されてしまった、あゆみ。〈ある仕事〉をお願いしたいと持ちかけられる。その仕事内容は魅力的だが、あまりにも理不尽な内容で……そのうえ仕事を断る拒否権もなくて――!?表題作ほか、後日譚を描いた「α(アルファ)だより」、あゆみの愛猫バタカップを主人公にした書き下ろし短編「バタカップの幸福」を併録。新あとがきを併録。新井素子の人気シリーズ「星へ行く船」、新装・完...
  • 星へ行く船6 星から来た船 上
    田崎麻子の恋人で、火星の探偵事務所の所長、水沢良行は、ひどく取り乱していた。きけば、20年前に生き別れた日の弟が、突然、火星にやってくるのだという。彼の名は、山崎太一郎。さぁ、トラブルのはじまり、はじまり。――大人気!「星へ行く船」シリーズの番外編が新装完全版で登場! 表題作ほか、16歳だった頃の太一郎の様子がうかがえる書き下ろし短編「行ってらっしゃいませ」と新あとがきを収録。
  • 星へ行く船7 星から来た船 中
    迷子の女の子を家族の元に届けるべく土星に向かった真樹子と太一郎。しかし、火星で女の子の母親との接触に成功した所長と麻子もまた、真相を知るなり急ぎ土星へ。なんともおさわがせな展開で!?――新装完全版「星へ行く船」シリーズ番外編第2巻は、表題作のほか、太一郎と所長の意外な(でもない)弱点が痛快な書き下ろし短編「おうちでごはん」、新あとがきを収録。
  • 星へ行く船8 星から来た船 下
    迷子の赤ちゃんこと祥子ちゃんと、その祖父母夫妻が宙港を占拠したテロリストの人質に! 現場に急行する太一郎と所長。そして、何やら物騒なものを抱えて潜入を試みる真樹子と、それに触発され理性の意図が一本切れた麻子。ところが、テロリストたちの事情を知ると……。表題作ほか、この物語のその後のその後、『そして、星へ行く船』から18年後のある日を描いた書き下ろし短編「お帰りなさい」も乞御期待...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

星へ行く船 に関連する特集・キャンペーン