生涯投資家

生涯投資家

作者名 :
通常価格 1,400円 (税込)
紙の本 [参考] 1,836円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。

本書は、株の世界に復帰し動向が注目されている村上氏の、最初にして最後の著書で、半生記であり、投資理念の解説書でもある。灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方とは。

【目次】
はじめに――なぜ私は投資家になったか
第1章 何のための上場か
・・・官僚として見た上場企業の姿/コーポレート・ガバナンスの研究 ほか
第2章 投資家と経営者とコーポレート・ガバナンス
・・・私の投資術/累積投票制度を導入せよ――東芝の大きな過ち ほか
第3章 東京スタイルでプロキシーファイトに挑む
・・・決戦の株主総会 ほか
第4章 ニッポン放送とフジテレビ
・・・私が見たライブドア対フジテレビ ほか
第5章 阪神鉄道大再編計画
・・・西武鉄道改革の夢――堤義明氏との対話/阪神タイガース上場プラン――星野仙一氏発言の衝撃
第6章 IT企業への投資――ベンチャーの経営者たち
・・・楽天――三木谷浩史氏の積極的なM&A/ライブドア――既得権益に猛然と挑んだ堀江貴文氏 ほか
第7章 日本の問題点――投資家の視点から
・・・日本の株式市場が陥った悪循環 ほか
第8章 日本への提言
・・・コーポレート・ガバナンスの浸透に向けて/世界一の借金大国からの脱却 ほか
第9章 失意からの十年
・・・東日本大震災について/フィンテックへの投資 ほか

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
280ページ
電子版発売日
2017年06月21日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

書店員のおすすめ

日本では投資家のイメージはあまり良くないかも知れない。「自分たちの利益だけを求めお金儲けのことばかり考えている。自分が儲かれば他の人がどうなっても構わない」そんなイメージをもっている人も多いと思う。また村上氏が逮捕された当時は「お金儲けしか考えていない乗っ取り屋の悪党」のような報道のされ方をしていた。私自身は村上世影氏に悪いイメージは持ってはいなかったがこの人物に対して興味はあった。読んでみて感じたことだが、ある意味村上氏はお金、資本主義に対してとても誠実なのではないかと思う。特に興味深かったのは「投資家と経営者の違い」村上氏の言っていることは当たり前のことだと改めて感じた。基本的な投資家の考え方として「株主が企業に対して意見をいうことは当然であって企業の発展のためにもっと株主は意見を言うべき」と村上氏は何度も訴えかけているがまさにその通りで当たり前のことではないかと思う。本書を読んで投資に対してあまり良いイメージを持っていない人も興味深く読むことが出来、投資、株主について良い意味で理解が深められるのではないかと思う。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月31日

非常に勉強になった! 良本。

投資を通じてコーポレートガバナンスを良くして会社を守ろう、日本を良くしようというスタンス。

ニッポン放送、フジテレビのいびつな関係も良くわかったし、そのあたりの事件詳細もよく分かった。

最後の日本への提言も素晴らしい。

一番後ろの著者写真が以前と違いすぎて驚き。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月26日

prime readingにあった+今年も引き続き投資を続けるので。

戦後の日本の株式市場の歴史、幼少期のエピソード、著名経営者との接点、大企業経営者との衝突、今の日本経済の課題
いろんな切り口から語られているが、主張したいことは一貫して
「上場企業に眠っている現預金が多すぎるから→株主からのコー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月08日

ホリエモンのファンです。ホリエモンが何かで言及していたので読んだのですが、単なる読物としても本当に面白い。そして感動する。
むかし世間を騒がせていた頃の村上氏と今の白髪の村上氏とは全く違う人物のように見えるが、それだけの苦労があったのだろう。それがよく分かる。
しかし本の内容は、自分の苦労話ではなく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月30日

今から10年程前、世間を騒がせた村上ファンドを率いた村上世彰氏がどんな信念の下に行動してきたかが述べられている。上場企業のあるべき姿とは?を考えさせられる本であり、何度でも読み返すべき名著。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月11日

170929 村上世彰 「生涯投資家」 ☆☆
日本経営者の弱点 経営者教育を受けていない
事業計画・財務について明確な方針・ポリシーを持っていない
そもそも資本効率を考えた経営政策を組立できない
→経営のプロが少ない MBAも取得者は限定的
経営者も世襲 本来は株主が選定すべき ガバナンス
⇒この経...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「生涯投資家」に関連する特集・キャンペーン