闇を呼ぶ声 -周と西門-

闇を呼ぶ声 -周と西門-

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

憑いた霊を引きはがす呼児の周には、それを彼岸へ封じる戻児で唯一の対でもある双子の妹がいた。その妹を亡くして以来、周は力を使おうとせず鬱々と生きている。突然同居することになった親戚の西門にも、胡散くささしか感じなかった。けれど、胸中の痛みを覗かせる彼の言葉は、周の心をほぐしていく。戻児である西門と仮の対となり、妹の死に繋がる怪異を追ううちに周は……。

ジャンル
出版社
プランタン出版
掲載誌・レーベル
プラチナ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年05月19日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

闇を呼ぶ声 -周と西門- のユーザーレビュー

    購入済み

    らべ 2020年02月28日

    おもしろかった!

    構いまくる関西弁(京都弁だけど)の攻めと、攻めを嫌がる受けの構図が大好きでひたすら楽しめました。
    周が自覚するまえのほうが好き(笑)
    BLのBすらいってないときがいいなんて(笑)

    私は続編よりこちらのほうが楽しめました。
    理由は上記のとおり(笑)

    続編もおも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月24日

    続編が発売されたのでようやく着手。事件自体はこの一冊で解決するので、読んでおいても良かったかな。
    あとがきにあるようにBLのLまで行かなかったけど、その分納得がいくまで心情的なものをじっくり描いてくれるように感じたので、気にはならない。
    攻の西門は口調は軽いけどイイ男だし、受の繊細で複雑そうなところ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月10日

    推理小説みたいでよくできた事件で面白かった!薫ちゃんは生きていて欲しかったけど、もっと救われればいいなと思う。まだまだ周と西門の恋愛温度は低いので次巻の内容を楽しみにしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月22日

    うるうるきゅゆきゅんだった。まだまだ序章。早く続きが読みたい。いいわあ。こういう祓い屋のバディものって大好き。これから、2人がどうなるか、幸せになって欲しい。2人とも辛いことにあってるから。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月03日

    周と西門シリーズとなるようだ。

    子供が絡む話だけに後味はよくないが、この二人の関係がどのように変化していくのか楽しみ。

    続編を早く読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月19日

    BLよりもほぼホラーって感じ。怖いけど面白かった!ここ最近自分の中でホラーBLブームで、まさにこういう本を求めてたから最後までハラハラしながら楽しく読めた。ホラー部分は解決したけど、まだ妹のことがあるし肝心の恋愛部分もせつない展開だから今後2人がどうなるのかすごく気になる!
    西門さんの関西弁がまた良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年09月09日

    恋愛未満。しかし、包容力のある大人と成長途中の青年という組み合わせ…大変おいしゅうござました!

    祓い屋のような家業のお話。対というコンビで行っていて、受けは双子の妹と、攻めは恋人と対を成していたが、それぞれの相棒が亡くなってしまい…。
    受けと攻めが(仮)の対を結ぶことになり怪異を解決していく。ネガ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています