鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

必要なのは一に体力、二に体力、三、四がなくて、五に体力?! 噴火する火山の溶岩、耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘いながら、吸血カラスを発見したのになぜか意気消沈し、空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――アウトドア系「鳥類学者」の知られざる毎日は今日も命がけ! 爆笑必至。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2017年05月12日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB
    購入済み

    つまり鳥が大好き!

    アロマ 2019年10月07日

    題名に惹かれて購入。
    予想通り、鳥類が死ぬ程好きな鳥類学者が書いた本。
    突っ込みどころ満載で面白いです。
    鳥に関する基礎知識を少しは知る事は出来ます。
    一方、鳥類学者という学者が何をしているのかを、ある程度知るにはもってこいの内容です。
    又、時折提示される世間的「常識」と世界的「認識」に関する疑義、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月01日

    空想科学読本のようなテイスト。随所に挟まる小ネタが笑える。これがまた万人向けじゃないってところがいい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月10日

    今まで知らなかった鳥類のトリビア、意外と肉体派な研究生活、研究とは切っても切れないお金の話などなど、読み応えたっぷり。文章は徹底的にコミカルで面白おかしく書いているものの、科学者としてのモノの見方や社会との関わり方など、要所要所で大切なことが書かれていた。
    とにかく面白い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月27日

    タイトルに惹かれ、適当にページをめくってみると、書名と同じくユーモア溢れる文章が目に飛び込み、そのまま読み切ってしまいました。読者の知識欲を満たしつつ、ここまで笑わせにくる文章を書けるのはスゴい。他の著書も読んでみたくなりました。
    鳥という生き物に少しでも関心のある方にはぜひお勧めしたい1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月23日

    鳥類学者による、日常と鳥にまつわるエッセイ。

    1ページにほぼ小ネタが挟まれており、クスッと笑う。
    そこが冗長に感じるか、読者を惹きつける文章を感じるかに分かれると思う。

    語り口とその内容が面白いので、の鳥に関する内容が頭に入ってこないのもたしか。

    チョロちゃんの考察は面白かったし、新種の発表を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月01日

    借りたもの。
    鳥類学者がオタクの如く鳥類への偏愛を語る。
    専門的な知識をわかりやすく解説するのとはまた違う“面白さ”で鳥類に詳しくない人に鳥類の面白さを伝える手法が斬新だった。

    文章――というか、その比喩表現――が面白すぎる。
    映画やアニメなどのサブカルネタをもって鳥の様子や調査活動が表現される。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    今まで全く無縁の分野だったが、とても面白かった!
    芸能人よりも希少な鳥類学者が日々どのような研究をしているのか、ギャグも満載に分かりやすく書かれていた。
    それだけではなく、外来種による在来種への影響や駆逐について、森林伐採や経済問題についてもしっかりと言及されていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月08日

    鳥類研究並びに鳥の生態についてをユーモラスに説明している。空想科学読本の鳥バージョン。

    特撮ネタ、アニメネタなどなどを節操もなく入れてくるので読んでて疲れてしまう。でも楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    おもしろい。読み始めて数行だというのに、既におもしろい。各章のサブタイトルすらおもしろい。読むのがもったいないぐらいおもしろい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月01日

    チョコボールのキョロちゃんについて、目の位置・嘴の形・足の指・羽の色から生態を推測する箇所など面白かった。
    西ノ島が噴火し10倍の広さになったのは記憶に新しいが、溶岩が旧島を覆いつくした後、僅かに残った残り1haの土地を命綱として生態系が残っていた。
    日本のガラパゴスとも言える貴重な場所なので良かっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」に関連する特集・キャンペーン